« 間違いやすい敬語 | トップページ | 東京オリンピック »

2021年7月12日 (月)

守破離

「守破離」と言う言葉を聞いたことがあるだろうか?

これは、武道や茶道と言った日本の芸道・芸術・芸能などで、

修行における過程を示した言葉である。

 守:師匠からの教えを忠実に守り実行すること。

 破:師匠からの教えを実行しながらも自分独自の型を見出し、

   或いは、他の流儀や情報を取り入れて既存の型を破ること。

 離:師匠の型、自分自身で見出した型の双方に精通し、

   師匠の型から離れて自分の流派・流儀を構築すること。

この3段階の流れが「守破離」である。

Omaturi_kendosyuharit_1

これは、武道・芸道・芸術・芸能に限らず、

一般の会社でも当てはまるのではないだろうか。

入社間もない頃は、先輩や上司から「守」。

そして、考え、創意工夫をこらし「破」。

更に、改良・改善し責任ある立場として「離」。

そんな感じだろうか!?

この流れを無視して一人前にはなかなかならないし、

やはり、基本をしっかりと押さえつつも、

地味な努力を積み重ねてこそ、そこに道は出来るものだ。

« 間違いやすい敬語 | トップページ | 東京オリンピック »