« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月28日 (月)

マスク

以前にこのブログでも書いた通り、

マスクは何度も洗濯して使い回しているので、

私は何か月も新品のマスクをしていない。

けれども、いろいろな方から結構マスクを頂く。

Img_7192

健康のことを気遣ってくれてのことで非常に有難いことだ。

そんなマスク、結構な種類と枚数が溜まってきたし、

いったい、どんな感じのものなのかと言う興味もある。

それぞれ、何らかの機能性に優れたものだと思うので、

リサイクルしている私からすると、きっといいに違いない。

とは言え、本音を言えば、マスクなんかしたくない。

しかし、マスクなしの生活にはもう少し時間がかかりそうだし、

たまには、いや、ここぞという時には、

頂いたマスクを使ってみたいと思います。

2020年9月23日 (水)

B.B.Q

4連休の一日を利用し、会社のランニングメンバー+αでB.B.Qへ。

行った先は、舞洲にある「森とリルのB.B.Qフィールド」。

Img_7165

手ぶらでB.B.Qが楽しめるとあって人気のスポットらしい。

朝、ひとまずコスモスクエア駅で待ち合わせしたものの、

そこから舞洲へ行くバスが時間を過ぎても来ない。

他にも7~8人いたので、まさか!?とは思っていたが、

どうも、事前の確認が不十分だったようで1時間程待つことに。

と言うことで、近くのコンビニで仕入れたビールや酎ハイでもって、

バスの待合所で早速乾杯、吞みはじめることに。

そして、11時過ぎに着き、全員揃ったところで、改めて乾杯!

この日は、天候にも恵まれ、あたりを見渡すと、

家族連れや、若者グループなどでいっぱいである。

Img_7159

そんな中、やっぱり外で食べるお肉は美味い。

Img_7158

基本セット+それぞれが食材を持ち寄ってきたこともあり、

たらふく食べて、呑んで、喋って・・・

お陰で、楽しい一日を過ごすことが出来ました。

2020年9月18日 (金)

靴磨き

以前から伊丹空港には靴磨きコーナーがあるのは知っていたが、

今日、履いている靴の擦れが気になったので、

一度利用してみようと、磨いてもらうことにした。

先ず、自動販売機で券を購入し、呼ばれるまで待つ。

Img_7138

中は、背を高い壁に仕切られていて人目を避けることができる。

3段階段を上り、1mほどの高さに設置された椅子に腰かけ、

職人さんの手の前になるように、右左それぞれ台の上に足をのせる。

Img_7136

すると、手慣れたしぐさで手際よく作業開始。

ブラッシングしたり、クリームを塗ったり、磨いたり・・・

約5分くらいだろうか、あっと言う間にピカピカに。

Img_7142

待っているお客さんの中には、何足も持ってきている人や、

鞄から靴を取り出し、わざわざ履き替える人まで。

意外と言いっては失礼だが、人気があるのに驚いた。

確かに、自分の靴の仕上がりを見れば、

そのようにする気持ちも分からないでもない。

と言うことで、また今度、別の靴も磨いてもらことにしよう!

2020年9月14日 (月)

彩華ラーメン

ラーメン大好きな私から、おいしいラーメン店を紹介する。

今回は、今や奈良のご当地ラーメンである天理ラーメンの元祖として、

天理で屋台から始まった「彩華ラーメン」である。

Img_4965

今や、奈良県はじめ大阪府、京都府、兵庫県に14店舗あるのだが、

私が行ったお店は大阪本店である上六店(上本町六丁目店)だ。

この日は、けっこう遅い時間に行ったのだが、

締めでもあったので、「サイカラーメン(玉子入り)小」を注文。

Img_4966

昔ながらの中華そばに、スープはニンニクと唐辛子のパンチが効いており、

シャキッと炒めた野菜がたっぷりのっかりボリューム満点。

ニンニクのお陰でガッツリ元気にもなるし、

何度でも食べたくなる癖になる味なのだ。

これで750円だったら、お安いもんだと思う。

元祖、天理ラーメンの「彩華ラーメン」、うまし!

2020年9月11日 (金)

手帳大賞

私も長年愛用している手帳のメーカー「高橋書店」では、

毎年「手帳大賞」なるものがあって、

思わず手帳にメモしたくなる名言や、あったらいいなと思う

商品企画に対してコンテストが行われている。

Img_5715

それは、手帳を身近に感じてほしい。

手帳は毎日の暮らしの中に役立つ存在であってほしい。

と言う会社の思いから行っているということだが、

どれもこれも素晴らしい作品ばかりである。

ひとつだけ紹介するが、受賞作品の中にはこんなのがある。

「大きな仕事も小さなメモから」

作者曰く、まだ駆け出しだった約30年前、

職場の先輩社員に言われた言葉です。

それ以来、手帳とペンは肌身離さず持ち歩いています。

と言ったものである。

これは、「千里の道も一歩から」とよく言うが、

歴史的な偉業や大発明も、日々の小さな閃きの積み重ねの上にあって、

何もせずにそれらが成し遂げられることはない。

先ずは、小さなメモから・・・

仕事に限らず、人生の習慣にしたいものだ。

そうすれば、自ずと道は開けてくるだろう!

2020年9月 7日 (月)

防災訓練

本来、9月1日が防災の日で、この日に訓練を行う事が多いのだが、

大阪本社では、本日、13時より防災訓練を実施。

Sp_01

時間になると、全館、防災ベルが鳴り響き、所定の場所まで避難。

みんなヘルメットを被り、集まったところで、

緊急時の電話対応であったり、とるべき行動や注意点などの説明を聞き、

Img_7084

また、消火器やAEDの使用方法を改めて教わったり、

Img_7092

実際にダミーを使って体験もさせてもらったり、

Img_7093

と、いつもであれば、それだけのことなのだが、

何せ、コロナの影響が心配される中なので、

換気の為に窓は全開にし、全員マスク着用の上、

極力、ソーシャルディスタンスをとっての実施。

とは言え、災害はいついかなる場所で起きるか分からない。

もちろん、コロナの渦中であっても起きるかも知れない。

だから、防災訓練とは言え、今でもやる!

いざという時のために!

2020年9月 4日 (金)

涙定量、汗無限

「涙定量、汗無限」と言った言葉を聞いたことがあるだろうか?

「凡事徹底」で有名な人で、「日本を美しくする会」も立ち上げた、

イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏の、

「人生をひらく100の金言」に載っている言葉である。

Kt18_souji01

それは、

人間が一生のうちに流す涙の量に大きな違いはない。

若い頃に苦労や努力をして多くの涙を流した人は、

その後、辛い涙をあまり流さずに済むが、

若い頃に苦労しなかった人は、

年を取ってから何度も辛い涙を流すことになる。

また、汗をかく量は無限であって、

かいた汗の分だけ力を付けていくことが出来る。

と言う意味だそうです。

今になると(もう遅いのかも知れないが・・・)

その通りだと実感できる。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »