« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

マラソン状況

今年は、新型コロナウイルの影響で、

各地のマラソン大会は、どれもこれも中止か延期ばかり。

唯一、走れたのが1月26日の「大阪ハーフマラソン」のみ。

その後、エントリーしていた、或は、するつもりだった大会は、

 2月16日 京都マラソン

 3月 1日 東京マラソン

 4月19日 志摩ハーフマラソン

11月 1日 ニューヨークマラソン

11月15日 神戸マラソン

11月29日 大阪マラソン

12月 6日 NAHAマラソン

Postponement

と、これだけあったのだが、全滅!

人は目標がなくなると、動きが鈍くなるもので、

今では練習で走る距離も月間約60kmとなり、

一時の半分以下(4割程度)になっている。

今となっては、自己新記録を狙っているわけではないが、

フルマラソンを完走できるだけの体力は保持したいと思っている。

とは言っても、このままでは・・・!?

そう考えると、目標ってつくづく大切なんだと思う。

2020年8月28日 (金)

PRESIDENT

毎月、隔週で販売されている雑誌「PRESIDENT」。

Img_7072

基本的には経営者向けの雑誌ではあるが、

8月28日に発売されたものは、経営者に限らず読んでもらいたい。

それは、「稲盛和夫名言集」とタイトルが付けられ、

「ラストメッセージ これからの時代を生きる人へ」のサブタイトルまで、

盛和塾で学んでいた者としては、実に意味深である。

Img_7073

中には、「もしも稲盛和夫があなたの財布を握っていたら?」

なんて言う、経営問答みたいなのもがあったりで、

一流と三流の考え方には、これだけの差があるって事に改めて気づかされる。

他にも、稲盛猛語録として、これまでの名言が数多く紹介されているし、

PRESIDENT誌では珍しく、ぶち抜きの120ページで特集された稲盛和夫氏。

恐らく、これ以降の取材は受けないと言う事だろうが、

本当に、これが最後のバイブルになるかもしれないので、

これを見た方は、今すぐ本屋へGO!

2020年8月25日 (火)

呼び方違い

先日、友人たちと話をしていた時のこと。

今時、そんな呼び方はしない!

地元では、そんな呼び方はしない!

と、同じことでもいろいろな呼び方があるってことで・・・

例えば、時代によって変わってきたものとして、

飛行機の客室乗務員は、スチュアーデスからキャビンアテンダント(CA)に。

男女の二人組は、アベックからカップルへ。

男前のことは、ハンサムからイケメンへと変わってきたし、

他にも、地域によって変わるものとして、

小学校の校舎内で使用する履物は、

Bao0116s0002_x_c101

上履き、上靴、内履き、ズック・・・など

怪我をしたときに貼る絆創膏は、

2918d2cf5a25f91efe09baf732833b6e_png

バンドエイド、リバテープ、カットバン、サビオ・・・など

また、状況によって変わるものとして、

我々が扱うペラものの印刷物では、

Chirashi2700x400

チラシ、ビラ、リフレット、フライヤー・・・など

同じようなものでも呼び方が違うものってたくさんあるものだ。

しかし、今では死語?となっているものもあるので、

今度は死語になった言葉について掘り下げてみよう!

2020年8月21日 (金)

具体的に動く

事あるたびに言えることだが、

あれこれ考えても、悩むことがある。

答えが出なくて、堂々巡りすることもある。

そんな時、どうすればいいか!?

相田みつお氏の言葉にこんなのがある。

「ともかく、具体的に動くことだね。

いま、ここ、を 具体的に動く それしかないね。

具体的に動けば必ず具体的な答えがで出るから。

自分の期待通りの答えがでるかどうか別として

具体的に動けば必ず具体的な答えがでるよ。

そして 動くのは自分」

29

って言うものだ。

例えば、手紙を書くには、まず、机の前に座って、

机の上に便箋と封筒を置き、ペンを持つことだ。

机の前にも座らず、便箋も封筒も用意せず、ペンも持たずに、

いくら手紙を書こうと思っても、その手紙は永久に書けない。

思い立ったことは、具体的に動くこと。

具体的に動くと、少しずつ前に進むようになってくるもんだ。

とにかく、具体的に動いてみよう!

2020年8月17日 (月)

ペーパータオルケース

お盆休み前に、「コロナ対策」として、

商談・打合せ後にテーブル等の除菌にスプレーを設置。

と、このブログに書いたばかりではあるが、

除菌スプレー後に拭くペーパータオルがビニール袋のままで、

見た目がイマイチだったので、製作部にて専用ケースを創った。

Img_7039

こういったケースを創る時、見た目が良ければそれで良し。

なんて考えるようでは芸がない。

たとえ社内用であっても、如何に構造・組立が簡単で、

それでいて機能的で、更に見た目もいいモノを創る。

スライド式のインナートレイで出し入れを簡単にしたり、

Img_7041

ペーパータオルの残数が減ってきても、

簡単に底上げが出来、最後まで取り出しやすくしたり、

Img_7042

発想といい、技術といい、創意工夫を凝らしたケースは、

三邦のモノ創りに対する姿勢を表している。

これなら、もう一工夫で対外的にも売れるかも!?

2020年8月12日 (水)

バネ指

昨日、昼食にとラーメン屋からの帰り道にて、

歩行中、 何やら右手に違和感が・・・

見ると、中指だけ色が変わって腫れている。

Img_7014

曲げて見ると解りやすい。

Img_7013

けど、どこかにぶつけたわけでもないし、

虫などに触ったり噛まれたりしたわけでもない。

特に、痛いわけでも、痒いわけでもないので、

まぁ、そのうち治るか!?

と思い、何もしないでいたのだが、

今日になっても、色や腫れが治まることはなく、

ちょっと心配だったので病院へ行ってきた。

すると、はっきりとしたことは言えないそうだが、

どうも「バネ指」と呼ばれる腱鞘炎の一種だそう。

余り心配することはないと言われたので一安心。

しかし、原因はいったい何だったんだろうか・・・!?

2020年8月 7日 (金)

コロナ対策

7月下旬より新型コロナの感染者数が大幅に増えてきた。

東京都では10日以上連続で250人を超える人が、

大阪府や愛知県、福岡県でも100~200人近い人が、

全国では、連日1400人余りの人が感染している。

そこで、社内に於いても、コロナウイルス感染防止に於いて、

今までより一層の対策を講じることにしました。

社内のあちこちに「新型コロナ対策推進中」の案内を掲示し、

Img_6987

先ずは、出社時の検温に非接触型の体温計を。

Img_6980

そして、対面での商談等での飛沫を防ぐアクリル製パーテーション。

Img_6981

それに、お客様にも検温のご協力と、

商談・打合せ後にテーブル等の除菌にスプレーを設置。

Img_6990

手指用のアルコール消毒液やマスクを更に充実させ、

とにかくコロナ感染防止対策を徹底した。

弊社へお越しになるお客様には何かとご不便をおかけしますが、

ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

2020年8月 3日 (月)

セミ

今年の梅雨は例年より長く、多くの水害をもたらしたが、

ようやく梅雨も明け、夏本番となった。

それと同時に、セミの鳴き声が耳につきはじめ、

セミの鳴き声が大きくなるにつれ、いつもの夏って感じがしてきた。

ジー・シャン・シャン・シャン・ジーー♪

と、今頃鳴いているのはクマゼミ。

Img_6947

近くの木で見つけたもの、

Img_6952

他にも、ツクツクホウシや、ミンミンゼミや、アブラゼミ・・・など、

いくつもの種類のセミがいるのはご存じの通りで、

天気のいい日などは、朝早くから元気いっぱい鳴いている。

このセミって1週間ほどの命しかないと思われてきたが、

実は、2000年以降に研究が進み、寿命は1か月程度なのだとか。

それでも、その短い間、一生懸命生きているので、

うるさい!と思わず、夏の風物詩として大目に見であげましょう!

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »