« 脚踏み式ディスペンサー | トップページ | ポスト »

2020年7月10日 (金)

熱意

パナソニック創業者の松下幸之助氏曰く、

会社内で責任者の立場にある人に言いたいこと・・・

例えば、その人が課長であったならば、

課内にはいろいろな仕事があるが、そのたくさんある仕事を、

いかに課長だからと言って、何もかも全部できる訳ではなく、

ある仕事については、課員の方が向いていたり、

能力的に優れていたりすることもあると思う。

だから、例え、課長として指導者であったとしても、

専門的なことについては指導できないこともあるだろう。

しかし、責任者の立場にある以上、指導や管理も必要である。

そういった場合、何が一番大切なことかと言うと、

それは課の運営に対して、誰よりも熱心であること!

Yjimage_20200707194201

例え、才能や知識というもので負けていても、

課を運営する熱意においては、誰にも負けてはならない。

だから、この仕事をやろうと言う熱意だけは最高でなければならない。

そうであれば、自然と課員も働いてくれるだろうし、

「課長の熱心さには敵わない」、「あれには頭が下がる」

となれば、課員も持てる力を存分に発揮してくれるに違いない。

逆に言うと、そういうものが無ければ、課長として失格ってことで、

責任者であれば、せめて誰にも負けない熱意だけは持とう!

ってことですね。

« 脚踏み式ディスペンサー | トップページ | ポスト »