« ポスト | トップページ | 半沢直樹 »

2020年7月16日 (木)

メディアの洗脳

ある上場会社社長の話ではあるが、私も同感だと思ったことがある。

それは、昨日も、東京都で新たに286人が新型コロナに感染。

都内の感染者数としては、過去最多との報道がされたわけだが、

日に日に増える感染者数、PCR検査を増やしている今は当然のこと。

一方、都の人口1400万人のうち、重症患者数はたったの8人だけ。

Img_6807_20200716192701

しかも、その重症患者数は、どんどん減っていると言う。

それなのに、そんなことはあまり報道されずに、東京都は警戒レベルの引き上げを発表。

このままでは、財政と経済は破城するのではないだろうか!?

新型コロナには、まだ薬がないので危険だと言うが、死亡者数は983人。

薬のあるインフルエンザでも年間約3500人が亡くなっているので、

データを見る限り、インフルエンザよりも致死率は低い。

勿論、薬のない新型コロナを軽く見ているわけではないが、

過剰な捉え方をしていると、飲食関係や観光・宿泊業界などは本当にヤバい。

このままでは、我々もまともな生活が出来なくなる上に、

更に自殺者も増えるのではないかと懸念される。

ちなみに、昨年の自殺者数は19959人、交通事故死亡者数は3215人。

そんなことを考えると、本当に怖いのは、新型コロナウイルスではなく、

「メディアによる洗脳」なのではないだろうか!?

« ポスト | トップページ | 半沢直樹 »