« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

レジ袋

今月からコンビニ等の小売店で、プラスチック製のレジ袋が有料となった。

R_s4sjmi_jpeg_20200731121201

これは、プラスチックゴミの排出を減らすことを目的としているのだが、

レジ袋を有料化することで本当に削減できるのだろうか!?

と思う一方、奈良の鹿が観光客の捨てたプラスチックゴミを食べて死亡した。

と言うニュースもあったりする。

こんなニュースを見ると、なんとも心が痛む。

レジ袋の有料化で、プラスチックゴミの排出が抑制され、

それで落とさないで済む命があるのなら、積極的に協力したいものだ。

しかし、今までレジ袋を生ごみ入れ等に活用したりしていた人にとっては、

例え、エコバッグを使ったとしても別にビニール袋は必要だから・・・

と、お金を払ってでも買い求めるだろう。

Kxp3qnwa_jpeg_20200731121201

そう考えると、リサイクルさえすればレジ袋も役に立つもので、

要は、使う人のモラルの問題かと思う。

有料化したからと言っても、3円や5円と安いから!とか、

エコバッグを持ち歩くのは面倒だから!と言うことではなく、

これからは、レジ袋をその後活用しないのであれば、

手持ちの鞄に入れるなり、エコバッグを用意して、

Img_6950

プラスチックゴミを減らすよう心がけましょう!

2020年7月27日 (月)

トイレの格言

今回は、男性にしかわからないことであるが、

男性トイレに入ったときに稀に見られるもので、

小便器前に貼ってあるお願い、注意書き・・・

それらには、けっこう面白いものがある。

私が今まで見たことのあるものを少しばかり紹介しよう。

短歌として、

Yjimage_20200511142401

川柳として、

Img_6557_20200511142201

もう一句、

Yjimagetfc7roth_20200511142501

自衛隊!?

Mig

「ん~、なるほど!」と唸るものばかり。

男性諸君、これらを見てトイレの美化に努めましょう!

2020年7月21日 (火)

半沢直樹

TVドラマ「半沢直樹」が一昨日から始まった。

7cn2vk3u

以前に放映されていたものの続編と言うことだが、

前回までは、銀行員として様々な不正や確執、難題に対して、

真正面から正々堂々と立ち向かい、悪意ある相手を打ち負かす。

「やられたらやり返す、倍返しだ!」

と、どんな相手にも筋の通らないことには臆せず論破する。

この強い正義感、観ていて実に気持ちよかった。

ただ、普通では見られないシチュエーションではあるが・・・

この「半沢直樹」から学べるものもあると思う。

それは、人として正しいことを正しく貫くこと。

また、人の話を聞き、自分の意見をはっきり言うこと。

そして、もし過ちを犯したら素直に謝ること。

これらは、どんな会社にも言えることかも知れないが、

社内の信頼関係を育み、円滑な業務遂行に役立つことばかり。

ドラマと言うものをほとんど観ることのない私ではあるが、

今後の展開が非常に楽しみである。

2020年7月16日 (木)

メディアの洗脳

ある上場会社社長の話ではあるが、私も同感だと思ったことがある。

それは、昨日も、東京都で新たに286人が新型コロナに感染。

都内の感染者数としては、過去最多との報道がされたわけだが、

日に日に増える感染者数、PCR検査を増やしている今は当然のこと。

一方、都の人口1400万人のうち、重症患者数はたったの8人だけ。

Img_6807_20200716192701

しかも、その重症患者数は、どんどん減っていると言う。

それなのに、そんなことはあまり報道されずに、東京都は警戒レベルの引き上げを発表。

このままでは、財政と経済は破城するのではないだろうか!?

新型コロナには、まだ薬がないので危険だと言うが、死亡者数は983人。

薬のあるインフルエンザでも年間約3500人が亡くなっているので、

データを見る限り、インフルエンザよりも致死率は低い。

勿論、薬のない新型コロナを軽く見ているわけではないが、

過剰な捉え方をしていると、飲食関係や観光・宿泊業界などは本当にヤバい。

このままでは、我々もまともな生活が出来なくなる上に、

更に自殺者も増えるのではないかと懸念される。

ちなみに、昨年の自殺者数は19959人、交通事故死亡者数は3215人。

そんなことを考えると、本当に怖いのは、新型コロナウイルスではなく、

「メディアによる洗脳」なのではないだろうか!?

2020年7月13日 (月)

ポスト

郵便物を出す際に、お世話になっているがポスト。

いつも何気なく投函しているものの、よくよく見ると、

世の中には様々な形のポストがあるなと思い、

身近にあるポストの写真を撮ってみた。

大阪市内でよく見る形はこれ↴

Img_6706

郵便局前等にあるデカいのはこれ↴

Img_6708

小さいのであればコレ↴

Img_6736

もっと小さいのはコレ↴

Img_6735

今では珍しい物となったコレ↴

Img_6105

調べたところ、地方に行けばこんなのや、

152352attachment_20200625101701

こんなのもある。

Image

と言った具合に、意識して見ればいろんな形がある。

しかし、何となく赤い箱を見ればポストだと思い、

機能的にポストであると認識さえできれば、

意外と、形や大きさは気にしていないものだ。

もちろん郵便局としては、場所や、利用頻度等に応じて、

設置するポストを決めているのだろうが・・・

将来的には、より一層デジタル化が進んで、

ポストの利用も少なくなるかも知れないが、

心のこもった手書きのはがき(年賀状)や、

手紙(封書)を送ると言った文化は、これからも残ってほしいものだ。

2020年7月10日 (金)

熱意

パナソニック創業者の松下幸之助氏曰く、

会社内で責任者の立場にある人に言いたいこと・・・

例えば、その人が課長であったならば、

課内にはいろいろな仕事があるが、そのたくさんある仕事を、

いかに課長だからと言って、何もかも全部できる訳ではなく、

ある仕事については、課員の方が向いていたり、

能力的に優れていたりすることもあると思う。

だから、例え、課長として指導者であったとしても、

専門的なことについては指導できないこともあるだろう。

しかし、責任者の立場にある以上、指導や管理も必要である。

そういった場合、何が一番大切なことかと言うと、

それは課の運営に対して、誰よりも熱心であること!

Yjimage_20200707194201

例え、才能や知識というもので負けていても、

課を運営する熱意においては、誰にも負けてはならない。

だから、この仕事をやろうと言う熱意だけは最高でなければならない。

そうであれば、自然と課員も働いてくれるだろうし、

「課長の熱心さには敵わない」、「あれには頭が下がる」

となれば、課員も持てる力を存分に発揮してくれるに違いない。

逆に言うと、そういうものが無ければ、課長として失格ってことで、

責任者であれば、せめて誰にも負けない熱意だけは持とう!

ってことですね。

2020年7月 6日 (月)

脚踏み式ディスペンサー

アルコール除菌用ポンプ自体は、もう市場に出回っているが、

しかし、噴霧する際に手を使うことに抵抗がある人も多いことだろう。

そこで、噴霧する際に手を使わなくて済むディスペンサーを

弊社にて開発、製造して販売しています。

Img_6767

量販店やドラッグストア、コンビニエンスストア、飲食店、

或いは、ビルの入り口や、オフィスのエントランス、

また、マンションや、学校、公共施設の入り口等にもいい。

これを置くことで、手指の消毒対策もバッチリ!

利用者の安心感も増すのでないでしょうか!?

ちなみに、一般的に売られているモノは、30,000円前後はする。

高いモノとなれば、50,000円以上するモノも・・・

しかし、弊社の製品はしっかりとした造りにも関わらず、

1台、21,000円!(税抜き)

さらに、10台まとめてご購入の場合、

なんと、1台あたり、14,000円!!(税抜き)

このチャンスを是非、お見逃しお見逃しなく!

ご連絡は今スグ、会社のほうへ・・・

って、なんかテレショッピングみたい!?

2020年7月 1日 (水)

(株)プラスワン

三邦ホールディングスグループ6社目の会社として、

本日、新たに「株式会社プラスワン」を立ち上げました。

Img_6699

実はこの会社、以前から存在はしていたものの、

業務の統合等により長らく休眠していた会社であるが、

この度、新たな業務を遂行する為に復活。

その事業内容は、主に様々な企業に対しての営業支援である。

顧客や販路を開拓したり、営業の補助をしたり・・・

いろんな形で世の中に貢献していく所存です。

そして、三邦ホールディングスグループ一丸となり、

今までよりも、SP関連における業務範囲をさらに広め、

川上から川下までワンストップでお客様のニーズに

お応えしていくよう取り組んで参ります。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »