« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月26日 (金)

ヘルメット

いざという時のために防災用ヘルメットを購入。

Img_6676

昨日は、千葉県東方沖を震源とする大きな地震があったし、

過去にも、阪神淡路大震災や、東日本大地震があったり、

大阪府でも、2年前に比較的大きな地震があったりと、

いつ何時、災害に見舞われるかわからないので、

今回、一人一個全員に支給することとした。

ただ、ヘルメットは、かさばるイメージがあり置き場所が・・・

と言った問題があるが、それを解消してくれる商品で、

使わない時は、厚さ4.5cm程度に抑えられており、

Img_6693

それぞれのデスクの引き出しに入れておくことが出来る。

これなら、いざという時にわざわざ保管場所まで取りに行かなくて済むし、

使用する時は、そのまま頭に被るだけでヘルメットに。

Img_6694

と言った収縮機能がついた優れものである。

とは言え、出来ることなら、机の肥やしとなり、

これを使わないで済むことを願います。

2020年6月22日 (月)

紫陽花

この時期は、梅雨空が続いて太陽が顔を出す日も少なく、

日照時間が少ないように感じるが・・・

昨日は「夏至」で、一年で一番昼の長い日であった。

そんな今頃、綺麗に咲くのが紫陽花。

先日、いつもランニングするコース沿いの花々を載せたが、

今回は、同じコース沿いに咲く色とりどりの紫陽花。

Img_6686_20200622184801

紫・青・ピンク・淡いピンク・白・・・

Img_6689

いったい何植あるのだろうか?

Img_6685

無限の色を作り出す紫陽花って不思議な花だ。

Img_6690

そんな綺麗な紫陽花を見れるのも、あとわずか。

梅雨が終われば本格的な夏が到来する。

天地の恵みを受け、自然の躍動が一層活発になる頃でもあり、

花や草や木々でもって、癒されることも増えるだろう。

2020年6月19日 (金)

サブレ

頂き物の「サブレ」を食べて、ふと思った。

Img_6650

それは、「サブレ」と「クッキー」と「ビスケット」の違いについて。

無性に気になったので調べてみたら・・・

細かい違いはあるにしても、全部「焼き菓子」のことで同じだった。

つまり、呼び方が違うだけのようだ。

 「サブレ」は、フランス

 「クッキー」は、アメリカ

 「ビスケット」は、イギリス

「ほ~!!」って感じだ。

他にもあるかと考えてみたら、ありました。

「チャーハン」と「焼きめし」

これらもほぼ一緒で、具材を痛める順番が違うのだとか。

けど、「みかん」と「オレンジ」は違うみたいだし、

「炒り卵」と「スクランブルエッグ」も違うそうだ。

「ん~!?」って感じだが、

でも、食べたら一緒のような気も・・・(笑)

2020年6月15日 (月)

ラーメン専門店「キャプテン」

ラーメン大好きな私から、おいしいラーメン店を紹介する。

今回は、京都の山奥、京北にあるラーメン専門店「キャプテン」だ。

Img_6410

ここは、車かバイクでしか行くことが出来ない程、辺鄙な場所にあり、

ここを目的地としなければ、食べることもできないラーメンである。

そんな、ここの名物は「いのししラーメン」。

Img_6401

それと、「いの鹿餃子」。

Img_6403

なので、両方とも注文するが、ラーメンは醤油味とする。

Img_6409

豚骨と地鶏をベースに、醤油を合わせたスープと、

それにマッチする麺は、ストレートの中太タイプ。

トッピングは、「九条ネギ」と「いのしし」のチャーシューで、

チャーシューは、変な臭みもなく、柔らくて意外とジューシー。

餃子は、はっきり言って「いのしし」と「鹿」の違いが・・・!?

どちらも美味いが、どっちがどっちか聞かなきゃ分からない。

けど、ここまで来て食べるからこそか、

ラーメン専門店キャプテンの「いのししラーメン」、うまし!

2020年6月12日 (金)

ガラパゴス化

最近ではめっきり見なくなった「ガラケー」。

ガラケーとは、「ガラパゴスケータイ」の略ってことは周知のことで、

Yjimage_20200603111601

このような、ある地域独自で進化してきたものを「ガラパゴス化」と呼ぶが、

いわゆる、世界基準・グローバルスタンダードではないもののことを言う。

日本でも、携帯電話以外にガラパゴス化した技術やサービスがたくさんあり、

そうとは知らずに使っているものも結構あるもので・・・

例えば、軽自動車は、日本の税制や道路事情に合わせてできたものであるし、

日本車の特徴でもある、ウインカーレバーが右側にあることや、

車関係で言えば、高機能なカーナビなんかもそうだろう。

他には、「Suica」や「icoca」などの非接触型ICカードや、

アルコール飲料では、「発泡酒」や「第三のビール」など、

日本独自で進化・発展してきたものだ。

もちろん、日本では使い勝手もいいし、便利なものであるが、

これらは、ほとんど世界では通用しないものばかり。

だからと言って、全てがいずれ無くなるかと言えばそんなこともない。

なぜなら、ダーウィンが唱えた進化論にもあるように、

「強いものでも賢いものでもなく、環境に適応できるものが生き残る」

ってことだから。

2020年6月 8日 (月)

会社訪問

昨日、盛和塾でお世話になった先輩の会社の近くをたまたま通るので、

急だが、ちょっと前に連絡して訪問することに・・・

そこは、不動産関係なので日曜日も営業しているわけだが、

そこでの素晴らしい対応に感動しました!

会社の周りは綺麗に掃除し、植木等も手入れされ、第一印象はいい。

会社に入っても、社内はとても明るく整理整頓されているし、

入るなり、全員立ち上がって、こっちを向いて、大きな声で、

「いらっしゃいませ!」と挨拶。

応接室に通されたが、お茶を出して貰えるタイミングや所作も素晴らしい。

帰り際も同じく、とても気持ち良くその会社を後にすることが出来た。

Yjimagez8tab214

これこそ、利他の心でやられている会社なんだと感心。

業績の方もこのコロナに負けず、まずまずとのこと。

もちろん、その理由はわからないでもない。

きっと、お客様は売ってるモノだけを見ているのでなく、

その会社の考え方や取り組みや姿勢を見て決めているんだろう。

とてもいい勉強になりました。

2020年6月 5日 (金)

誠意を伝える

最近の若い人は・・・と言ってはなんだが、

ある会社の営業マンのこと、

お客様と商談の約束をとった直後に、欠席できない重要な会議が入ったと言う。

そこで、気まずく思ったその人は、メールで日程変更のお願いをしました。

と、よくありがちなことではあるが、

この場合、お客様と既に約束をしていて、それを断ってお願いするのだから、

本来は、メールではなく、直接、電話で謝罪して話をするべきだ。

もっと言うと、このような場合に限らず、大切な要件を伝えるには、

足を運んで話すこと、もしくは、電話で直接話すことだ。

これが誠意のある伝え方だと思う。

Yjimagef4y75m1d

普段からSNSやメールでコミュニケーションをとっている世代の人には、

何で?と思うかも知れないが、

情報ツールに頼った伝達は、相手に誠意や真意が伝わらず、

誤解を生むことがあるかも知れない。

そんなことが無いように、時代が変わっても、

対話の機会を取るように心がけたいものだ!

2020年6月 1日 (月)

クールビズとは?

今日から6月、暑くなる日も増えてきた今日この頃、

早いとこでは5月から始められているクールビズだが、

そもそも、クールビズとは何なのか?

また、何のためにやっているのか?

と言ったことを知らずにやってる人も多いのではないだろうか?

20180509_01

クールビズとは、2005年から夏季に環境省が中心となって行った

環境対策などを目的とした衣服の軽装化キャンペーンである。

従って、夏季に28度以上の室温に対応できる服装、

いわゆる、ノーネクタイ・ノージャケット等が可能となった訳で、

環境を変えず、ただ軽装が許されたと言うわけではない。

肝心なことは、あくまでも室温を28度に抑えることで、

とにかく、冷房や電気を節約して、電力を節減すること。

そして、二酸化炭素排出量を削減し、地球温暖化を防止していくことだ。

これらを理解したうえで、クールビズを実施し、

期間中は、職場や得意先で不快感を与えない服装を心がけよう!

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »