« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

山RUN

先週末の土曜日は、社内のランニング組と共に山RUN。

前回のコースは、「箕面の滝」近辺で起きた土砂崩れの影響で、

車・自転車のみならず人までも通行止めとなっており、

箕面の山をぐるりと1周することができない為、

今回は、茨木から箕面を巡るコースを走る。

Img_5413

途中、何度か休憩しながら走るものの、

あまりにも急な上り坂では歩く者も・・・

Img_5416

それでも、コースの道端には、「栗」や、

Img_5423

「柿」などがなっており、

Img_5432

秋らしい景色を楽しみながら走ることができた。

距離的には、15km程だったが、アップダウンのあるコースは、

ランニング組にとって、「金沢マラソン」「大阪マラソン」を見据え、

いいトレーニングになったのではないだろうか!?

もちろん、走り終わったらコレ↴

Img_5434

ビールで「乾杯!」

汗をかいた後は、格別に美味い。

2019年9月24日 (火)

形は心なり

本田技研工業の元常務である岩倉信弥さんのお話。

この方は、初代シビックや、オデッセイ等のデザインを担当した

知る人ぞ知るカーデザイナーである。

Iwakura

岩倉さん曰く、本田宗一郎さんは、いつもしつこいくらいに、

「いいものを創るにはいいものを見ろ」と仰っていたという。

それにまつわるエピソードは、数多くあるものの長くなるので割愛するが、

要するに、自分の想いを高くすれば出来る。

心底その人の気持ちになれば出来る。

作り手は、その人が欲しいものはこういうものだ。

ということが分からなければダメなんだと。

いわゆる想像する力ですね、「像」を「想」う、その人に成りきる。

それが出来なければ良いデザインは生まれない。

と教えてくれたそうだ。

そして、40歳になった時「形は心なり」と言う言葉が胸の中に浮かんだそうだ。

やはり、いい心でモノを考えないといい製品はできないし、

形のいい製品は、やはり、いい心でできているのだと思うようになったのだとか。

本田総一郎さんのみならず、その想いを理解した岩倉信弥さんも素晴らしい。

デザイナーの神髄ここにあり!

2019年9月16日 (月)

社員旅行 3

最終日、午前中は全員フリーの予定。

私は3時過ぎまで呑んで歌っていたこともあり、

部屋に帰っても、鍵がかかっていて入れずじまい。

結局、違う部屋で仮眠することになってしまった。

それでも、朝7時からのランニングの約束は忘れていない。

が、流石にお酒も残っており、フラフラで厳しい感じではあったが、

とにかく部屋に戻り、着替え、集合地点に行って、相談の結果、

結局、フェニックスリゾート1周コース、約13kmを走ることに・・・

Img_5271

ヘロヘロになりつつも何とか走り終え、部屋でMGCを観戦した後、

チェックアウトして、ロビーでまたまたビールで宴会!

最後の最後まで、とにかく楽しむ一行であった。

Img_5358

昼過ぎ、バスで空港に向かい空路で伊丹空港へ。

Img_5362

この3日間通して、選ばれし幹事たちのお陰もあり、

グループ会社社員同士の絆も深まり、親睦がはかれたと思うし、

怪我や事故もなく、無事に楽しく過ごせて良かった。

3日間、お疲れ様でした!

2019年9月15日 (日)

社員旅行 2

一夜が明け、本日は観光組、ゴルフ組、自由組に分かれての行動。

中には、サーフボードを持ってきて波乗りを楽しむ者も。

私は、ゴルフ組にて「トム・ワトソン ゴルフコース」へ。

Img_5320

8時24分、今にも振り出しそうな空模様の中スタート。

Img_5324

案の定、3ホール目くらいで雨が降り出してくるが、

その雨も4~5ホールのみ、その後は天候も持ち直し、

青空も垣間見れるほどに回復したので良かった。

しかしながら、四方八方林に囲まれたこのコースは難しい。

とにかく、まっすぐ飛ばさなければ、スコアメイクできない。

皆、悪戦苦闘しながら、なんとかラウンドしたって感じだった。

そして、夜は宮崎駅近くにバスで移動しての食事会。

酔っぱらう前に全員で集合写真を撮る。

Img_5331

まるで結婚式の披露宴会場みたいな立派な場所でもって、

美味しいコース料理をいただいたわけだが、想像以上に◎!

途中、幹事たちが考えたクイズ大会で盛り上がったり・・・

Img_5339

テンション下げ止まぬまま、いったん中締めしたものの、

その後も昨夜同様、各々で宮崎の夜を楽しんだのでした。

Img_5351

~続く~

2019年9月14日 (土)

社員旅行 1

13日は午前中で仕事を終わり、午後から宮崎県に社員旅行。

訳あって3年振りとなるが、グループの社員90名弱が参加。

大阪は本社の傍からバスで伊丹空港へと向かう。

空港では、昼食をとりつつ早速ビールを飲んで宴会開始!?

Img_5248_20190917101901

ほろ酔い気分で一路宮崎空港へ、そこからまたバスで宿泊先へと向かう。

泊まるのは、辺一面林に囲まれた「コテージヒムカ」。

Img_5253

着くなり、ランニングチームは着替えて集合。

Img_5258

フェニックスリゾートの外周路(半周)を10km走る。

一方、東京の一行とは僅かな時間差で、現地コテージにて合流。

心配された天候も何とかもち、夜は全員でプールサイドB.B.Q。

Img_5277

半年ぶりに顔を合わす社員たちもいてあちこちで談笑。

Img_5282

非常にいい雰囲気に時が経つのも忘れるほどだった。

その後は各自、街へ繰り出す者、部屋に集まり飲み明かす者・・・

Img_5297

様々な夜を楽しんだようだ。

~続く~

2019年9月10日 (火)

努力とは

「努力」とは、目標の実現のために頑張る事である。

決して、「食べないこと」や、「眠らないこと」など我慢することではない。

とは言え、「努力」=「苦しい」とか「キツイ」ってイメージもある。

けど、これって社会の洗脳であって、本来は自己成長を伴う楽しいものなのだ。

ある人の言葉に、

「圧倒的な努力なくして、高い目標にはたどり着けない」

なんてのがあるが、

出来ないことを、ただ練習するのでは、キツイだけかもしれないし、

それを何度も繰り返していると、嫌になってくるかもしれない。

けど、「もし出来るようになったら!」って思いながら努力すれば、

ちょっとづつの成長も嬉しく感じられるのでないだろうか!?

例えば、元プロ野球選手の松井秀喜やイチローも「天才」って言われてるが、

実際は、才能以上に努力して高いパフォーマンスを出していたそうだ。

だから、元からの超人ではなく、努力によって超人になったのだとすれば、

我々も、努力次第で理想の自分に近づくことができるかも知れない!?

72065f8e983d937827322413f7f4994a

簡単に手に入ったものより、努力して手に入れたものの方が有難いし、

更には、なりたい自分に近づいていくイメージが持てれば、

努力もまた楽しいものになるだろう。

2019年9月 5日 (木)

日本語

海外に行って思う、日本語ってとても難しい話・・・

我々、日本人は当たり前のように使っているものの、

漢字に、ひらがなに、カタカナがあり、

横書きのみならず、縦書きにもできる。

更に、漢字に関して言えば、音読みと訓読みまであり、

イントネーションや方言なども含めると限りがない。

こんな複雑な言語は、他にはないのではないだろうか!?

そんな難しい言語を操る日本人ではあるが、

外国語の習熟率は世界的に見てもかなり低い。

何故なのだろうか?

それは、これまでの日本の教育に根本的な問題があると思う。

もっと幼少期から英語なり中国語なり、外国語に慣れるべきなのに、

あまりにも外国語に触れる機会が少ない。

今となっては、スマホの翻訳アプリで通訳してくれるものの・・・

お隣の韓国では、韓国語、英語、中国語を話せる人が多いし、

日本語を喋れる上海の社員に会うと、ホントに凄いと思う。

もし、自分自身が外国語を自由自在に操れれば、

住む世界や、見る世界が変わってたかも!?とも思う。

2019年9月 3日 (火)

上海新OFFICE

今週初めからグループ会社のある上海へ出張。

約3か月振りに来たわけだが、実はその間に事務所を移転。

今までと同じビル内ではあるが、1階から7階へと引っ越したのだ。

もちろん、ただ場所が変わっただけではない。

今までが狭すぎたこともあったが、広さは約3倍となり、

やっと事務所らしくなった!?

その姿を初めて見たのだが・・・

Img_5148

エントランスは、日本のものを踏襲しているデザインだ。

Img_5186

一応、会議室もあるし、

Img_5139

狭いながらも倉庫スペースもある。

Img_5145

ちょっとした打ち合わせのスペースもあるし、

Img_5146

以前に比べたら格段に良くなった。

それに、社員も2名増えてちょっと賑やかに。

今期は、前期に比べて新規顧客も増え、業績の方も上向いているので、

今後が、何かと楽しみである。

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »