« 選挙 | トップページ | ローマ字表記 »

2019年7月26日 (金)

差別化

世の中には同じような製品・商品がたくさんあるが、

他社のものと同じように売っていては思うようにはいかない。

そこで、差別化というものが必要になってくるわけだが、

差別化には「結合する」か「削除する」かの2つのパターンがある。

「結合する」とは、何かと何かを足して質を高めること。

例えば、腕時計に距離計や速度計や高度計等の機能を付けて、

Esports_9567523091476

ランニング用や登山用として新しいものを作りだすと言ったこと。

また、「削除する」とは、ストライダーという子供用自転車のように、

ブレーキや、ペダル、泥はね等をとったもののことを言う。

51xk3rzxwxl__sx679_

つまり、自転車が本来持っている機能を引いたものである。

一昔前は、子供が自転車に乗れるようになるためには、

補助輪を付けて練習したものだが、全く発想が逆である。

ただ、これが意外なことに、高額にもかかわらず売れているそうだ。

このように、同じような自転車を売るにしても、

足したり、引いたりして質を高めていく。

そんな工夫で差別化をしてみよう。

« 選挙 | トップページ | ローマ字表記 »