« 忘年会 (大阪) | トップページ | 食事会 »

2018年12月20日 (木)

稲盛哲学

稲盛和夫氏が塾長の盛和塾で学んで早や10年。

稲盛塾長には全国各地で、もう60~70回はお会いしただろうか!?

Hqucarnxwzdns2gjqhcsi4qu2jzgqxupoaw

私がなんで、こんなにも会いに行ったのかと言うと、

それは、稲盛塾長が世界一の経営者だと思っているからで、

その事業とは、

 ・京セラを創業し、上場、セラミックで世界一の会社にする

  売上1、5兆円、利益1300億円(利益率8,6%)

 ・KDDIを創業し、上場、売上5兆円、利益1兆円(利益率25%)

 ・倒産したJALを再生し、再上場、売上1,3兆円、利益2000億円(利益率5%)

 ・私財200億円を投じ日本のノーベル賞ともいえる「京都賞」を設立

 ・ベストセラー作家、2015年には著書が世界で累計1000万部販売される

等々、どれか一つをやったとしても、「超一流」と言われる実績を、

これだけ積み重ねてきた人物は、他にはいないのではないかと思う。

それも全て稲盛哲学とアメーバ経営の賜物であると思うが、

稲盛塾長には、会えば会う程、その人柄に惚れ、偉大さに驚きます。

読めば読むほどに新たな氣づきがある著書も大概読ませて頂いた。

そんな稲盛塾長に出会えて、ほんとに良かった。

世の為人の為に!と思えるようにもなったし、何よりも私の人生が良くなったと思う。

先日、そんな盛和塾が来年いっぱいをもって解散すると発表された。

稲盛塾長の年齢や、体調の事を考えると致し方ないこととは思う。

内心、非常に残念であるし、寂しい思いであるが・・・

ただただ、稲盛塾長には心より感謝しかありません。

« 忘年会 (大阪) | トップページ | 食事会 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲盛哲学:

« 忘年会 (大阪) | トップページ | 食事会 »