« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

Halloween

今日はハロウィーン。

日本に於いて、最近ではクリスマスに次いで大きなイベントとして定着。

渋谷では、中心街で仮装した人々が騒ぎ、何かと問題にもなっているが、

Img_2676

この時期になると、街中あちこちでディスプレイ等も見かけ、

Img_2793

その経済効果はバレンタインデーを抜き、なんと1340億円だそうだ。

しかし、そもそもハロウィーンとは何なのだろうか!?

起源は、古代ケルト人という民族が、作物の収穫を祝う「収穫祭」だとか。

彼らにとっての一年の終わりは10月31日だったそうで、

 ・一年の締めくくり

 ・夏の終わりや冬の始まり

 ・すべての聖人

これらを「祝い」、「祝福し」、「感謝をする日」・・・

それがハロウィーンだったのだとか。

また、同時に悪魔祓いの行事としても行われていたとされている。

そこから英語圏でも盛大にお祝いされるようになったようで、

特に、もともとケルト人の国であったアイルランドでの盛り上がりは半端ないようだ。

日本のハロウィーンの比ではないと言われる盛り上がり・・・???

一度体験してみたいものだ。

2018年10月28日 (日)

金沢マラソン 2

朝、目を覚ますと外は雨、気温は13℃。

スタート地点へと向かう人は、ほぼランナー。

走れる人が羨ましいような、走らずに済んで良かったような・・・複雑な感覚。

Img_2804

8時40分の号砲と共にスタート。

Img_2811

①番スポットで全員を見送った後、③番スポット(約3km地点)へと移動。

応援スポットが示された地図を基に移動するが、全部は無理なので、

Img_2888

⑦番スポット(約18km地点)

Img_2838

⑩番スポット(約34km地点)

Img_2850

そして⑬番ゴール地点と回る。

Img_2868

全員同じくらいのペースで走っていたなら余裕もあるのだが、

時間が経つにつれ、その差が広がり待ち時間も長くなる。

結果、次のポイントまで走っていかなければ間に合わない状態。

しかも、雨は降るわ、寒いわで、応援とは言え結構大変で疲れる。

ただ、この大きな「特製の旗」のおかげでどこでも見逃すことはない。

Img_2836

こっちが気が付かなくても、ランナーが気づいてくれるから。

と、応援側からであったが、結果、全員無事完走できて良かった。

次は12月の「NAHAマラソン」で走ります。

2018年10月27日 (土)

金沢マラソン 1

明日は金沢マラソンの日であるが、走ることが出来ない!?

実は、エントリーして、抽選に当選して、入金を忘れ・・・無効に!

なんと、当選後、入金の手続きをしないままでいたのだ。

数日前、あまりにも引換証が来るのが遅いなと思って調べたところ発覚。

既に、ホテルも電車もすべて予約済みなので金沢までは来たが、

マラソンの応援と、美味しいもん巡りとなってしまった。

なので、朝一から、サンダーバードの中で宴会開始。

Img_2780

金沢駅に到着しての集合写真。

Img_2786

各自チェックインのあと、近江町市場へ繰り出し、

その後も片町に移動して前夜祭。

Img_2795

途中から私の友人夫婦も合流し宴会は続くのだが、

走る者は明日のことを考えてか、ちょっと控えめな気もする・・・

そんな中、私は走らない(走れない)ので構わず食べて呑む。

やっぱり北陸、海の食材は新鮮で美味い。

まだまだ行きたいところだが、明日走る者の為に22時前には解散。

明日へと備える。

~続く~

2018年10月22日 (月)

新調

いつも社内で使っている老眼鏡が壊れた。

Img_2776

柄の部分がぽっきりと折れてしまい、瞬間接着剤で応急処置。

しかし、またいつ折れるかわからないので、

先日、海外に行ったついでに新しいものを新調した。

Img_2777

何れも東南アジア製品なので非常に安価なものであるが、

新調したものは掛け心地もよく、ブルーのスケルトン仕様。

ブルーライトをカットしてくれるレンズもついている。

以前にも書いたが、年々近くが見えずらくなっているので、

今では老眼鏡はマストアイテムとなっており、

今までのものも、これと言って扱いが悪かったわけではないが、

今度のは、より一層大切に使いたいと思う。

2018年10月15日 (月)

「叱る」と「怒る」

「受け止め方」で書いた「叱る」ということについて、

中には、「怒る」と表現してる人もいるだろう。

しかし、そもそも「叱る」と「怒る」は全然違うもので、

「怒る」という行動は、ただ感情をぶつけることに対して、

「叱る」という行動は、相手に気づきを与えることを目的とするのだ。

従って、管理職が部下に取るべき行動は「怒る」ことではなく「叱る」ことである。

そんな思い違いをしていたあなたに・・・

「怒る」とは、 不満・不快なことがあって、我慢できない気持ちを表す。腹を立てる。

「叱る」とは、 目下の者の言動の良くない点などを指摘して、強く咎める。

と言うことである。

それでも、中には「同じようなものだ!」と言う人がいるかも知れないが、

厳密には大きな違いがあることを理解しておかなければならない。

それは、「怒る」と言うことは、自己の感情の表現でしかなく、

「叱る」と言うことは、相手のことを考えた上でのことである点だ。

違いが解ったかな!?

2018年10月12日 (金)

受け止め方

上司や先輩に叱られたり、注意を受けた時は、

誤ればいい!と考えてる人が多いのではないだろうか?

しかし、指導する側の立場で言わせてもらうと、ただ誤ってほしいわけではない。

「叱る」という行為は、精神的にも肉体的にも体力を使うものだ。

ましてや、あまり気分のいいものではない。

それでも叱るのは、「社会人として伸びて欲しい」、「人間的にも成長してほしい」。

という願いがあるからこそだ。

だから、叱られた時には、「すいません」の気持ちを伝えると共に、

「ありがとうございます」、「足りない点を改善して頑張ります」。

と言葉にしてみてはどうだろうか!?

そうすれば、叱った側も、言って良かったと思うだろうし、

言われた側も、それでスッキリとするのではないだろうか。

何事も「受け止め方」次第で、その先の結果が変わるものだ。

叱られても「叱咤激励」だと受け止めて可能性を広げていこう。

ちなみに、「叱咤」とは、叱りつけることで、「激励」とは、大いに励ますこと。

なので、「叱咤激励」とは、「大声や厳しい言葉で叱りつけて励ますこと」を意味する。

叱咤をエネルギーに変えよう!

2018年10月 8日 (月)

エントリー結果

5月22日に書いた「エントリー状況」の結果報告。

先週末に、「京都マラソン」の結果発表があり、

Img_2704

今期に於けるフルマラソンのスケジュールが確定した。

結果は・・・

2018年 8月26日、北海道マラソン (確定) ⇒ 出走済み

2018年10月28日、金沢マラソン (抽選) ⇒ 当選

2018年11月18日、神戸マラソン (抽選) ⇒ 落選

2018年11月25日、大阪マラソン (抽選) ⇒ 落選

2018年12月 2日、NAHAマラソン(抽選) ⇒ 当選

2019年 2月19日、京都マラソン (抽選) ⇒ 当選

2019年 3月 3日、東京マラソン (抽選) ⇒ 落選

万が一、全部当たったらどうしよう・・・!?

と思っていたが、抽選の大会における勝率は、ちょうど5割。

なので、今期は4大会で走れることになった。

スケジュール的に見ても、だいたい2ヶ月おきなので良かった。

今期も「FUN RUN」目指し、楽しみたいと思います!

2018年10月 3日 (水)

内定式(第3期生)

今年3年目となる新卒採用に於いて、

来年春入社予定者に対して内定式が行われた。

朝10時30分より行われた式典。

式次第に則り進められたわけだが、

内定者は、例年のごとくかなり緊張の面持ちである。

私から一人一人に内定証書を手渡す。

Img_9282

役員、部課長より内定者に向けコメントを述べ、

内定者も、これからの意気込みを話してもらう。

Img_9284

粛々と1時間近く行われ、参加者全員で記念撮影。

Img_9320

年々若い社員が増えると思うと、今後が楽しみで仕方がない。

これから入社までにも社内行事や研修で何度か会うことになるが、

4月の入社が今から待ち遠しい。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »