« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月15日 (月)

「叱る」と「怒る」

「受け止め方」で書いた「叱る」ということについて、

中には、「怒る」と表現してる人もいるだろう。

しかし、そもそも「叱る」と「怒る」は全然違うもので、

「怒る」という行動は、ただ感情をぶつけることに対して、

「叱る」という行動は、相手に気づきを与えることを目的とするのだ。

従って、管理職が部下に取るべき行動は「怒る」ことではなく「叱る」ことである。

そんな思い違いをしていたあなたに・・・

「怒る」とは、 不満・不快なことがあって、我慢できない気持ちを表す。腹を立てる。

「叱る」とは、 目下の者の言動の良くない点などを指摘して、強く咎める。

と言うことである。

それでも、中には「同じようなものだ!」と言う人がいるかも知れないが、

厳密には大きな違いがあることを理解しておかなければならない。

それは、「怒る」と言うことは、自己の感情の表現でしかなく、

「叱る」と言うことは、相手のことを考えた上でのことである点だ。

違いが解ったかな!?

2018年10月12日 (金)

受け止め方

上司や先輩に叱られたり、注意を受けた時は、

誤ればいい!と考えてる人が多いのではないだろうか?

しかし、指導する側の立場で言わせてもらうと、ただ誤ってほしいわけではない。

「叱る」という行為は、精神的にも肉体的にも体力を使うものだ。

ましてや、あまり気分のいいものではない。

それでも叱るのは、「社会人として伸びて欲しい」、「人間的にも成長してほしい」。

という願いがあるからこそだ。

だから、叱られた時には、「すいません」の気持ちを伝えると共に、

「ありがとうございます」、「足りない点を改善して頑張ります」。

と言葉にしてみてはどうだろうか!?

そうすれば、叱った側も、言って良かったと思うだろうし、

言われた側も、それでスッキリとするのではないだろうか。

何事も「受け止め方」次第で、その先の結果が変わるものだ。

叱られても「叱咤激励」だと受け止めて可能性を広げていこう。

ちなみに、「叱咤」とは、叱りつけることで、「激励」とは、大いに励ますこと。

なので、「叱咤激励」とは、「大声や厳しい言葉で叱りつけて励ますこと」を意味する。

叱咤をエネルギーに変えよう!

2018年10月 8日 (月)

エントリー結果

5月22日に書いた「エントリー状況」の結果報告。

先週末に、「京都マラソン」の結果発表があり、

Img_2704

今期に於けるフルマラソンのスケジュールが確定した。

結果は・・・

2018年 8月26日、北海道マラソン (確定) ⇒ 出走済み

2018年10月28日、金沢マラソン (抽選) ⇒ 当選

2018年11月18日、神戸マラソン (抽選) ⇒ 落選

2018年11月25日、大阪マラソン (抽選) ⇒ 落選

2018年12月 2日、NAHAマラソン(抽選) ⇒ 当選

2019年 2月19日、京都マラソン (抽選) ⇒ 当選

2019年 3月 3日、東京マラソン (抽選) ⇒ 落選

万が一、全部当たったらどうしよう・・・!?

と思っていたが、抽選の大会における勝率は、ちょうど5割。

なので、今期は4大会で走れることになった。

スケジュール的に見ても、だいたい2ヶ月おきなので良かった。

今期も「FUN RUN」目指し、楽しみたいと思います!

2018年10月 3日 (水)

内定式(第3期生)

今年3年目となる新卒採用に於いて、

来年春入社予定者に対して内定式が行われた。

朝10時30分より行われた式典。

式次第に則り進められたわけだが、

内定者は、例年のごとくかなり緊張の面持ちである。

私から一人一人に内定証書を手渡す。

Img_9282

役員、部課長より内定者に向けコメントを述べ、

内定者も、これからの意気込みを話してもらう。

Img_9284

粛々と1時間近く行われ、参加者全員で記念撮影。

Img_9320

年々若い社員が増えると思うと、今後が楽しみで仕方がない。

これから入社までにも社内行事や研修で何度か会うことになるが、

4月の入社が今から待ち遠しい。

« 2018年9月 | トップページ