« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月27日 (月)

北海道マラソン

昨日は、今シーズン初、しかも、初参加となる「北海道マラソン」に参加。

8月の暑いこの時期にフルマラソンなんて・・・と思っていたが、

一昨日の天候とは一変し、台風一過とまではいかないまでも、

スタート時で気温が24℃となり、ちょっと暑いが天候には恵まれた。

また、昨日に引き続き、札幌のパッションメンバーが、

Img_2296

共に走るメンバーたちの為、応援団として集まってくれた。

そして朝9時、大通公園をスタートしたランナーたちは42,195kmの旅へ。

Img_2244

そこで見られる光景は、どれも北海道らしいものばかり。

スタート後、一旦南下し、そこからは市内へと戻り、石狩湾の近くまで行くわけだが、

途中、折り返し含め往復13kmにも及ぶ、ひたすらまっすぐな道を走り続ける。

Img_2276

給水・給食所では、この地ならではのものがあったり、

Img_2275

30km地点で待っててくれたパッション応援団と記念撮影したり、

Img_2298

ゴール直前は北大のキャンパスにある銀杏並木を通って、

Img_2281

最終、ゴールとなる大通公園へと戻る。

Img_2285

制限時間が5時間と言う厳しい設定の大会ではあったが、

一応、4時間31分29秒(ネット)で完走。

私自身、節目となる20回目のフルマラソン完走となったのでした。

2018年8月25日 (土)

北海道ゴルフ

今朝より北海道に来ている。

目的は、明日に行われる「北海道マラソン」に出るためだ。

しかし、せっかく北海道に行くんだったらと思い、

事前にパッションリーダーズのメンバーに声をかけたところ、

マラソンの前日に「ゴルフをしましょう」と言う事になって、

集まってくれたメンバーが13人、ちょっとしたゴルフコンペとなってしまった。

札幌の人で段取りしてくれたコースは「真駒内カントリークラブ」

しかし、今週、西日本を通過した19号と20号のW台風の影響で、

雨は降るわ、風は吹くわで、コンディションは決して良くない。

とは言え、久しぶりとなる北海道でのゴルフなので、とりあえずスタート。

途中で、キタキツネに遭遇するなど北海道らしさを感じながら、

Img_2206

体力の消耗など全く考えず、明日フルマラソンを走ることを忘れてのプレイ。

それなりに、楽しませてもらったが・・・!?

結局、この時期にしては18℃と寒さを感じる気温であるうえに、

Img_2215

あまりの風と、雨の為、ハーフを過ぎたあたりでプレイを中止。

Img_2211

中途半端なコンペとなってしまったが、致し方ない。

ただ、夜もこのメンバーたちと共に懇親会でエネルギーを補充。

さて、明日はどんな42.195kmとなるだろうか!?

2018年8月23日 (木)

左右別

昨日、弊社に来られたお客様者の足元。

Img_2191

なんか変!?

彼曰く、恥ずかしいから、自分から言います!

と告白。

それは、右足と

Img_2191_2

左足の

Img_2191_3

「靴」の種類が違うってこと。

彼は、急いで家を出る時に、靴を良く確認せず履き、途中の仕事先にて靴を脱ぎ、

そして、仕事を終え帰ろうと靴を見た時に気がついたそうだが、時すでに遅し。

この姿で東京からやってきて、大阪で仕事をこなしたそうだ。

と言うことではあるが、見た瞬間、驚きと共に笑ってしまった!

まさか、こんな人がいるなんて。

そして、このまま新幹線に乗り、次の仕事へ向かうなんて。

普通では考えられない事だと思うが・・・あるかも知れない!?

一応、気をつけましょう!

2018年8月21日 (火)

おおきに!

大阪、京都など関西では、「おおきに!」と言うことがある。

とりわけ40歳以上の人や、商売人に多いような気もするが、

いわゆる「ありがとう」の意味で用いられる言葉だ。

語源は、「大きに有り難し」からきた言葉だと言われている。

「大きに」は、大いにとか、非常に、と言う意味で、

「有り難し」は、あってはならないこととか、滅多にないこと、と言う意味で、

「大いに有り難い」と言う意味で用いられるようになったようだ。

この「おおきに!」とは、気持ちを表すもので、

日常の挨拶に使われるだけでなく、

他にも、関西では会社名や各種サービスの名前に用いられたり、

ホテルや旅館、それに食堂などの名前に用いられたりもする。

更に、大阪市内では、こんな看板のビルがあったり、

Img_1898

こんなステッカーを貼った車を見かけたこともある。

Img_0760

これくらい、関西では浸透?している「おおきに!」

もっと、全国でも広がればいいのに・・・

と思うのは私だけだろうか!?

2018年8月16日 (木)

山RUN 2

お盆休みの初日、またまた会社の走れるメンバーと5人で山RUN。

今回走ったのは「箕面の山」、と言っても「北摂霊園」近郊である。

真夏に影の少ない前回のコースはキツいと思い、

とりあえず山頂まで車で行き、木漏れ日の中を走ろうと企てる。

実は、この北摂霊園には創業者のお墓があり、

せっかくなので、みんなでお墓をきれいにし、

Img_2066

お線香とローソク、それに、お花を供え、合掌。

Img_2067

そして、RUNNING開始、山をひたすら下り続ける。

思惑通り!?多くの樹々によってできた影の中を気持ちよく走る。

Img_2071

取り合えず目的地を勝尾寺としたものの、あと1kmぐらいの所で、

上り坂にさしかかり、来た道のことを考えだす。

Img_2075

これだけ下ってきたと言うことは、帰りはひたすら上り・・・(@Д@;

と言うことで、急遽ここで引き返すことに。

案の定、上り坂はめちゃくちゃキツく、まるで登山であるかのように思える。

そんな状況なので、私が先に走り、車を取りに行くことに。

そして、マイペースで上るメンバーを一人ずつピックアップ。

しかし、この暑さの中での坂道は山の上とは言え、ちょっとハード過ぎたかも!?

もちろん、走った後は、冷えたビールで乾杯!

Img_2077

これがあるから頑張れるし、美味さは普段の何十倍だ!

2018年8月13日 (月)

完遂力

物事を最後までやり遂げたい!

と思っても、最後に集中力が途切れて、いい結果を残せない場合がある。

いわゆる、「最後の詰めを欠く」と言われるやつだ。

脳医学者である林成之氏の研究によると、

物事が完遂する前に、「だいたい出来た!」と思うと、

脳は思考することを辞めてしまうそうだ。

逆に、脳の働きを最大限に活かすには、もう少しで達成できると言う時にこそ、

「ここからが本番だ!」と考えることが大切だと述べている。

そこで、完遂力(最後までやり遂げる力)をつけるには、

日頃から終わりをきちんと締めくくる癖をつけること。

例えば、「脱いだ靴をそろえる」とか、「開けた扉はきちっと閉める」とか、

「立ち上がった後は椅子を机の下に入れる」とか・・・

ちょっとしたことでも意識することが大切。

今後、取り組んでいる仕事が終盤を迎えた時には、

「まだ終わっていない」、「後始末までが仕事」と考え、気を引き締めよう。

一人一人の完遂力を高めれば、会社やチームの活力もきっと上がるはずだ!

2018年8月10日 (金)

新車

この度、大阪本社用にと親会社で新車を購入した。

それも2台!

ただし、自転車ではあるが・・・

Img_2002

大阪市内では、近くのお客様への訪問やちょっとした外出には、

断然、自転車の方が便利なのだが、

今まで使っていた自転車では保険に問題があるようで、

その心配を取り除くため、新たに購入したものである。

新しい自転車には点検整備済みのステッカーが貼られ、

Img_2004

ちゃんと登録していることを示す。

こちらも、同じく。

Img_2005

これで安心して業務でも使ってもらえる。

とは言っても、乗るのは人だから、万が一にも事故に遭わないよう、

とにかく安全運転には充分に氣を付けてもらいたい!

2018年8月 6日 (月)

頭の体操 3

先週末の答え。

 ① とんびが鷹を生む

   英訳:黒いめんどりが白いたまごを産む

 ② 蛙の子は蛙

   英訳:この親にしてこの子あり

 ③ 蛇の道は蛇

   英訳:一匹の悪魔は他の悪魔のことを知る

 ④ 馬の耳に念仏

   英訳:聞こえない耳に説教してもダメだ

これらが解かった人は、かなり仕事もできる人だろう。

充分に脳も活性化されていると思う。

2018年8月 3日 (金)

頭の体操 2

答えを教えて!

との反響があったので、一応、答えを書いておく。

 ① 大阪 府民(不眠)

 ② タクシー

 ③ 無職(無色)

答えが解かったところで、ついでと言っては何だが・・・別の問題を!

今度は、真面目な英語の問題。

世界にはいろいろな諺があるが、表現の違いはあれど、同じ内容のものもある。

次の英語の諺を、同じ意味になる日本の諺で答えてみて!

いずれも、生き物の名前から始まるものばかりだ。

 ① A black hen lays white eggs.

 ② Like father,like son.

 ③ One devil knows another.

 ④ It is bad preaching to deaf ears.

以上、解かるかな?

2018年8月 2日 (木)

頭の体操 1

昨晩、東京の社員たちとの食事会にて、

私が過去に「頭の体操」ってことで、「なぞなぞ」を出されたことを話し、

その一つのお題を紹介したところ、なかなかその答えと理由が出なかったので、

少しだけここでも紹介する。

そのお題とは、

① 大阪、兵庫、奈良のうち、眠れなくて悩んでいる地域はどこ?

② 拾ったのにお金を払うのは何?

③ 透明人間の職業は何?

わかるでしょうか?

ちょっと難しい・・・!!

日頃の業務には適度な緊張感が必要とは言え、

たまには脳をリフレッシュさせることも必要だ。

それには意外と、こんなことで脳を活性化させ、

その結果、仕事への集中力を高めることもできるのではないだろうか?

たまには、なぞなぞもいいかも!?

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »