« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月30日 (月)

BS12

昨日は、朝11時から夜21時まで一日中テレビ観戦。

見た番組は、BS12トゥエルビでやってた「鈴鹿8時間耐久ロードレース」

Img_2001_2

今年は、無料で放送してくれるとあって、以前から楽しみにしていた。

もう、41回目と長い歴史を持つこの2輪のレースだが、

観たのは、第34回大会の時に鈴鹿サーキットに行って以来のことだ。

今までは、スカパーなどの有料チャンネルでしか放送していなかったので、

観る機会がなく、今回、TVで観るのは初めてである。

自らやっていた頃は、何事も必死で周りのことや全体の事など見えなかったが、

観戦する立場であると、非常に気楽なものだ。

Img_1924_3

8耐は、「真夏の祭典」と言われる程、非常に暑いし、この日は途中で雨が降ったり、

観戦料は高いし、相当歩かなきゃいけないし、夜終わるのも遅いし、

更に、帰りは渋滞に巻き込まれるなど、観に行くにしても相当の覚悟が必要だが、

TVでなら、涼しい部屋でビール片手におつまみと解説付きで観られる。

それでも、昔を思い出しながら観るレースは、いやがおうにも興奮する。

十数年前とでは、マシンや、チーム体制も違うわけで、何もかもが凄まじく進化している。

唯一変わらないものと言えば、終わってからの「感動」だ。

激しい戦いの後、チェッカーフラッグを受けてのウィニングランは、

何万人もの観客の拍手と共にカメラのフラッシュの嵐を浴びる。

Img_1988_2

そこは、走り切った約50人のライダーにのみに与えられた至福の瞬間であり、

それは、「PRICERESS」(お金で買えない価値)

私には、甦る感動がそこにある。

2018年7月27日 (金)

大阪あるある 3

大阪人なら共感すること間違いなし、「大阪あるある」!

更に続いて・・・

・大阪人のサービス精神

 銃で撃つマネをされると、「うっ、やられた~」と撃たれたリアクションをする

 救急車やパトカーのサイレンを聞くと、「お前を迎えに来たんちゃうか」と言う

 300円の野菜を買って、300万円請求されたことがある

・自分は悪くない

 物をなくした時、「どっかいった」と物の方が勝手にいなくなったかのように言う

 食べ物を箸で摘み損ねて落とした時、「これ生きとるわ」と言う

・擬音をよく使う

 「そこダーッと行って、ガーッと曲がったら、ドーンと突き当りやわ」

 「車がグァーと来たから、ギャー言うて逃げたら、足グキーなって痛いねん」

・大阪人の気遣い

 ほとんど行かないんだけど、「行けたら行くわ」と言う

 最終的には断るんだけど、「考えとくわ」と言う

 トイレに行くときは、「トイレ行ってくるわ」と宣言してから行く

 更に、サービスで「ウ○コ行ってくるわ」と内容まで報告する

などなど、他府県の人は不思議に思うかもしれないが、

大阪人にとってみれば、「あるある」ってことなんですね!

大阪あるある 2

大阪人なら共感すること間違いなし、「大阪あるある」!

前回に続いて・・・

・デリケートな大阪人

 「アホ」はいいけど、「バカ」は許さない

 「死ね」と言われるより、「おもんないねん」と言われる方が死にたくなる

・大阪人はいらち

 エレベーターに乗ったら、すぐに「閉」ボタンを連打する

 信号が青になったのに発車しない車に、罵声とクラクションを浴びせる

・何でも繰り返し言う

 「せやせや」 、 「なんでなんで」

 「そうそう」 、 「ホンマホンマ」

 一回ではなんか物足りないような気がするのか!?

・リズムを大切にする大阪人

 「関西電機保安協会」 、 「奈良健康ランド」 、 「ホテルニュー淡路」

 は、ついつい節 ♬ をつけてしまう

・大阪人の会話

 「まぁ、それはアレやな」で大体わかる

 「ちゃう ちゃう」は、大抵違わない

 最後には、「なんか、そんなんらしいで、知らんけど」と言う

まだまだ、こんなもんではない。

続く!

大阪あるある 1

大阪人なら共感すること間違いなし、「大阪あるある」!について、

岡山のグループ会社社員からのリクエストに応え、書くこととする。

・自分の気持ちを強調する場合

 「とても」や「たいへん」は、「むっちゃ」、「めっちゃ」、「ごっつぅ」と言い、

 「呆れるほど」は、「アホほど」と言う。

 「とても」のさらに強力版は、「ものごっつぅ」と言う。

・大阪特有の呼び方

 自転車 ⇒ チャリンコ 、 Yシャツ ⇒ カッターシャツ

 アイスコーヒー ⇒ 冷(レー)コー 、 体育座り ⇒ 三角座り

 USJ ⇒ ユニバ 、 洗濯機 ⇒ せんたっき

 だるまさんが転んだ ⇒ 坊さんが屁をこいた

・何でも擬人化する

 キャンディー ⇒ あめちゃん 、 豆 ⇒ お豆さん

 稲荷寿司 ⇒ お稲荷さん 、  さつまいも ⇒ おいもさん

・語尾を伸ばしてしまう

 目ぇ~痛い 、 歯ぁ~痛い

 毛ぇ~抜いたろか 、 血ぃ~吸うたろか

なんてのは、まだまだ序の口。

他にもたくさんあるので、続く!

2018年7月23日 (月)

トイレ

今年、全線が開通した新名神高速道路。

その中に西日本最大級と言われる「宝塚北サービスエリア」がある。

めちゃくちゃ広くて、南欧風の施設はとても充実しているわけだが、

何といっても、このサービスエリアのトイレが凄い。

それは、トイレにしてはけっこう広くて綺麗なのだ。

手洗いはアイランド式のもので、高級ホテルのような造りだし、

Img_1628

男性にしかわからない話ではあるが、小便器が変わっている。

Img_1837

なんと、自動で流れる水で手洗いが出来るのだ。

Img_1839

こんなのは見たことがない。

今までありそうでなかったモノだと感心した。

他にも、シャワーのついた個別のスペースもあったり、

Img_1620

女性用は、パウダールームや着替えルームがあったりと・・・もっと凄いらしい。

至れり尽くせりの設備と、綺麗に保たれたトイレは、

利用者にとって、とても気持ちがいいものだ。

2018年7月20日 (金)

夏バテ

ここんとこ連日の猛暑で、夏バテぎみの人も多いのではないだろうか?

この夏バテがなぜ起こるのかと言った原因と対策について教えてもらった。

夏バテの直接的な原因は、自分の体の体温調節機能が働かなくなり、

自律神経調節機能が低下することにあるようだ。

冷房の効いた室内と、暑い室外の温度差が大きくなる今頃、

暑い外にいる間は、人間の体は体温を一定に保つため血管を開き汗をいっぱいかく。

ところが、この状態で急に涼しい室内に入った場合に自律神経が働くわけだが、

これを何度も繰り返しているうちに自律神経も疲れ、やがては正常に機能しなくなる。

これが夏バテの大きな原因と言われている。

その結果、内臓の働きを低下させ、食欲がなくなったりするなどの症状を起こし、

体に十分な栄養が補給されなくなり、疲労の蓄積と体調不良を起こしてしまう。

Yjimage

夏バテを防止する対策としては、

まずは、エアコンなどの温度を高めに設定し部屋を冷やしすぎないこと。

そして、疲労を回復するための睡眠を十分にとること。

それに、汗により失われた水分・ミネラルを補給すること。

最後に、食事は旬のものを積極的に取り入れること。

例えば、夏野菜を食べると体を上手く冷やしてくれるそうだ。

これからが夏本番、夏バテしないように気をつけよう!

2018年7月16日 (月)

企業ロゴ

企業のロゴには様々な意味が込められてデザインされているものが多い。

有名なのは、アマゾン。

Amazon

黄色い矢印で笑顔を表しており、お客様を笑顔にすることを目指していると共に、

aからzまでにひかれた矢印で、この世の全てのモノを表し、

どんな種類のモノでも扱うネット通販サイトになると言う意味が込められている。

他には、サーティワンアイスクリーム。

31

大きなBとRは創業者であるBaskinとRobinの名前のイニシャルで、

ピンクの部分で31の数字を表し、1か月(31日)毎日アイスクリームを食べて欲しい

と言う願いが込められている。

その他には、フェデラルエクスプレス。

Fedex

これもかなり有名だが、EとXの間に右を指す矢印があり、

この矢印で、宅配便のスピード感や正確さを表している。

三邦のロゴは、その昔、創業者に聞いた話では、

 

Sunpoh_logo

 

「SANPOH」ではなく、「SUN」としたのは太陽のように輝く明るい会社に!

との思いからで、三本ラインの「S」に関しては、聞いたことないが、

きっと、「売手よし」、「買手よし」、「世間よし」の「三方よし」を表しているものと思う。

このように、「思い」や、「願い」を表すロゴって、ある意味、企業そのものとも言える。

2018年7月11日 (水)

テニス部の教え

今、スポーツ界に於いて、サッカーのワールドカップが注目されている一方、

テニスでも4大国際大会の一つであるウィンブルドン選手権が行われている。

実は、高校時代に硬式テニス部だった私はテニスが好きである。

今、テニスで有名な日本の選手と言えば、錦織圭選手や大坂なおみ選手・・・たち。

彼らの活躍で日本人でも世界のTOPで戦えることを証明している。

そんな強い選手や、上手い選手になる為の条件を掲げた、

ある高校にある「テニス部の教え」が凄い!

まずは、<芽が出る人>の条件。

Img_9850

そして、<よい選手>の条件。

Img_9848

あと、<さらに伸びる人>の条件。

Img_9849

最後は、<トップアスリートの条件>。

Img_9847

これらは、「テニス」を「仕事」と置き換えても充分通用するものばかりだ。

日々、これらを意識しているのと、していないのとでは結果は大きく違ってくるはず。

テニスを通じて、哲学を学び、実践し続けた者たちは、

きっと、将来、素晴らしい選手(大人)になることだろう。

2018年7月 7日 (土)

中国自動車事情

中国における自動車のナンバープレートについて、

今まで、一般車は青色の物だけであったが、

Img_1815_2

最近になって、このような緑色の物があるのだ。

Img_1814

聞いてみると、この緑色の車は、電気自動車とかハイブリッド車等だそうで、

中国では以前より車が増えすぎて、重大な環境問題にもなっているが、

2輪車に続き、ようやく自動車に対しても動き出したようだ。

中国では、車体代の他にナンバープレート代が別途必要なのだが、

これが抽選制で、かつ、お高いものとなっている。

普通のナンバーで、1台あたり何十万円~何百万円なんてザラらしく、

8を入れたり、希望ナンバーともなると車本体よりも高くなるとか・・・

けど、この緑ナンバーだったら、ナンバープレート代がタダになるとかで、

今後、このような新エネルギー車はますます増えていくものと思われる。

しかし、増え続ける自動車によって起こる渋滞対策として、

ナンバープレートの末尾による走行規制が設けられていたりもして、

例え、どんな自動車を持っていても毎日乗れないこともあるそうだ。

特に都会では、人の数が多いだけに、自動車の問題も大変なようだ。

2018年7月 6日 (金)

監視カメラ

只今、上海に出張中。

こちらに来ると、いつでもどこでも「見られてる感」が半端ない。

それは、監視カメラによるものだと思うが、

実際、街中のあらゆる場所にたくさん設置されている。

交差点や、車道でも、

Img_1809

普通の道でも、

Img_1810

建物の中でも、

Img_1811

地下街でも、

Img_1821

駅のホームでも、

Img_1825

電車やバスの中までも、

Img_1824

この無数のカメラによって、治安を維持したり、

起こった犯罪の証拠となったりすることも多いとか。

その例として、高速道路などでは、

車のナンバープレートを読み取り、入った時間と出た時間から平均速度を割り出し、

速度超過の場合、反則金の通知書が送られてくるのだとか。

なんとも凄い社会だ。

2018年7月 2日 (月)

ボーリング大会

先週金曜日の夜は、全社挙げてのボーリング大会。

ほぼ同時刻に、大阪と東京とが別会場でそれぞれ行う。

今回、私は大阪にて参加したが、どちらも50人くらいなので、

ワンフロアすべてのレーンを三邦ホールディングスグループで貸し切り。

今年はチーム戦は行わず、男女別での個人戦のみ。

従って、結果は全て自分の力次第ってことだ。

Img_1775

昨年のように、上手い人と一緒になってラッキーで勝てることはない。

しかし、飛び賞が用意されていたので、運も必要とされる。

何れにしても、普段あまり体を動かすことのない者も、

ボーリングなら一緒になって出来るし、楽しめるのがいい。

しかも、運動とは、運を動かすと書くように、

身体を動かすことは、運を良くするとも言われている。

軽い運動でもその効果は思った以上にあるようで、心にまでいい影響があるとか・・・

そんないいことずくめなボーリング大会。

Img_1778

運動の後は、お決まりの懇親会。

Img_1781

いつものように、大いに食べて、呑んで、語り、盛り上がる。

これを糧に、また今日からガンバロウ!

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »