« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月28日 (土)

気づき

「気づき」って大切だという話。

「あの時すぐにやっていれば良かった」

と、後になって悔やむことがある。

「いつもとどこか違う」、「何か気になる」

と、いった不自然さに気づいても、大抵はそのままにするだろう。

しかし、事が大事に至ると、やらなかったことを悔やむものだ。

事が大きくならない為にも、普段からの「小さな気づき」を大切にしよう。

なぜなら、大事の前には「気づき」という小さな知らせがあるから。

「気づき」を粗末に扱っていると、次第に感じる力が衰える。

今の時代、身の回りに便利なものが多くあるが、それらに頼りすぎていると、

人間の本来持っている「もの事を敏感に感じる力」も失いかねない。

「気づき」は、自然が与えてくれる瞬時のチャンス。

「ちょうどよい時に知らせてくれた」

と、喜んで、進んでテキパキと処理をしていくことが、

昨日を悔いたり、明日を憂いたりしない秘訣。

気づきを活かし、気づいたら、サッとやろう!

2018年4月25日 (水)

伊丹空港

本日、東京から大阪に帰ってきた時の事。

伊丹空港に到着した飛行機から降りるや、違和感が・・・

何かいつもと違う。

先ず、今までとは違う駐機場に停まったこと。

次に、飛行機からボーディングブリッジを渡ってる時。

Img_1365

そして、建物の外へと出るための導線、及び待合スペース。

Img_1367

あと、預けた荷物を受け取るベルトコンベヤーの場所。

Img_1368

最後に、お土産屋さんが多くある出口付近。

Img_1373

と、何から何まで変わっているのだ。

建物の外では、ちょっと前から、駐車場や通行レーンの改修はしていたが、

建物内部も、これほど変わっているとは驚いた。

それは、本気で行先を間違えたかと思うくらいだ。

今までから比べて、便利になったかどうかはまだ分らないが、とにかく変わっている。

なので、たとえ飛行機を利用しなくても、

時間をとって伊丹空港に行ってみても面白いかもしれない。

そこには、何か新しい発見があるかも知れないから。

2018年4月23日 (月)

第6回 あだち五色桜マラソン

昨日は、パッションリーダーズの仲間たちと第6回あだち五色桜マラソンに出場。

このマラソン大会には、3km、5km、10km、ハーフと4種目があるが、

私は、久々にハーフマラソンにエントリー。

Img_1357

当日は快晴で、朝から気温がどんどん高くなり、昼頃には29℃となる。

Img_1331_2

ハーフマラソンは、12時ジャストにスタート。

Img_1348

コースは荒川河川敷の為、ほぼ影がない。

Img_1345

ところどころ架かっている橋の下に一瞬あるだけでひたすら炎天下を走る。

こんなコンディションなので、ゆっくりとマイペース。

Img_1340

後半、少しバテながらも多くの仲間の応援もあり、力をもらう。

Img_1346

それでも、あまりの暑さにリタイアを余儀なくされた者も多くいた中、

私は、ギリギリ2時間切りの1時間59分19秒(グロス)で完走。

Img_1351

ただ、これでも壮年男子の部としては14位と、まぁまぁ上位!?となる(^-^;

とにかく暑くてキツかったが、マラソンも仲間が多いと楽しいものだ。

2018年4月20日 (金)

本日、給与の振り込みをしていた時のこと。

今年、入社した新卒者の中で埼玉県に住む者がいるのだが、

その者の振込口座を見たところ「蕨支店」となっていた。

しかし、恥ずかしながら読めない・・・

周りにいた人達にも聞いてみたが、誰もわからない。

なんて読むのだろう!?と調べてもらったところ、

「わらび」だと言うことがわかった。

銀行の支店検索画面では、50音ごとに調べることが出来るが、

「あ」から調べていったら、いちばん最後の支店となる。

Img_1278

ちなみに、三菱UFJ銀行の国内店舗数は773店。

ひとつづつ調べてたら、非常に残念な結果となるところだった。

取り合えず「良かった!」と思うと同時に、

地域検索とか、画数検索とかがあればいいのに・・・

と思った次第です。

けど、もっと漢字の勉強をした方が早いかも!?

2018年4月16日 (月)

いろいろな壁

SNSでこんなものを見つけた。

「知る」と「わかる」、「できる」と「している」の違いについて。

Img_1255

このことは、上記の図で表されているのだが実に解りやすい。

乗り越えるべきいろいろな壁。

それは、

知らないものを知るのに「知識の壁」があり、

知ったことをやってみるのに「行動の壁」があり、

やってみたことがわかるのに「気づきの壁」があり、

わかったことでもできるのに「技術の壁」があり、

例えできても、しているとなるのに「習慣の壁」があるってこと。

とにかくやってみないとわからないし、三日坊主じゃ身にならない。

当たり前のことと言えば当たり前だが・・・

このことは、楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方。

って書籍に載っているのだとか。

早速、買って読んでみよう。

2018年4月10日 (火)

春の交通安全運動週間

毎年、春と秋に行われている「交通安全運動」。

Img_1251

今年は、4月6日(金)から4月15日(日)までの10日間である。

全国で定期的に行われているこの「交通安全運動」だが、

いったい、いつ頃から、どうして始まったのかを調べてみたら、

その歴史は意外と古く、昭和23年(1948年)からだそうだ。

また、なぜ春と秋に行うのかについては、

春は、入学したばかりの小学1年生が登下校したり、

子供たちが外で遊ぶ機会が増える時期だからと言うこと。

秋は、日没時間が早まる時期で、歩行者や車に気づけない状況になりやすいから。

なのだとか。

そんな最中、会社の目の前で起きた事故。

Img_1235

多くのパトカーに警察官、救急車、レッカー車が来ていた。

Img_1227

出来ることなら、こんな光景は見たくはない。

なので、車を運転する人も、自転車に乗る人も、歩行者であっても、

悲しい事故を防ぐためにも・・・守ろう交通ルール!

2018年4月 6日 (金)

継続は力なり

新卒生に対して、私からいろいろな話をした中で、

「石の上にも3年」と言う諺にちなんで、

私が思うに、「石の上にも10年」だと言う話をした。

要するに、何事も継続することが大事ってことで、

言い換えれば、「継続は力なり」と言うことだ。

一つのことを継続し、努力し続けることこそが偉大なことを成し遂げる秘訣だ。

それには、3年では短すぎる。

せめて、10年は継続しなければ・・・

人生では、たとえ簡単なことであっても努力し続けなけれならないことがある。

日々の地味な一歩一歩の積み重ね、それを継続することが必要なわけで、

名人・達人と言われる人たちも、皆そういう過程を経ている。

しかし、継続すると言っても、ただ漫然と行っているのでは能がない。

継続するプロセスの中に、創意工夫を常に加えながら、

一生懸命に努力を続けることが大切である。

そのように、一つのことに打ち込み、創意工夫を加えながら継続することが、

平凡な人を非凡(名人・達人)な人に変えるのだ。

2018年4月 2日 (月)

入社式 2018

今日は、新卒第2期生となる新入社員の入社式。

朝9時から始まり、厳かに行われた。

Img_8809

今年も4名の新たな仲間が増えたわけだが、

それなりに厳しい選考を勝ち抜いてきた者たちだけに、期待するところも多い。

私からの話の後、ひとりづつに辞令と社章を手渡す。

Img_8823

役員たちからも一言づつお祝いと励ましのメッセージが送られる。

Img_8843_2

新卒者たちにも社会人としての豊富と意気込みを語ってもらう。

Img_8829

期待と不安の入り混じった状態だろうが、大丈夫。

これから立派な社会人となるべく、共に一歩ずつ前へ進んでいこう。

最後に、みんなで記念撮影。

Img_8849

新たな出会いに感謝。

おめでとう!

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »