« 鶏そば十番「156」 | トップページ | インターンシップ »

2018年2月19日 (月)

言葉と動作に心を

先日、あるコーヒーショップに入った時の事。

Img_0774

そのお店はカウンターで注文し、商品を受け取るシステムなのだが、

私が注文すると、すぐにコーヒーが出され、会計を済ませた。

すると、店員さんは、

「ありがとうございました、ごゆっくりどうぞ」と言った。

と、ここまでは良かったのだが、

その時、動作も視線も、次のお客さんに向かっていたのだ。

「おっしいなぁ~」と心の中で言いながら、席に着いたのだが、

最後の一瞬で、せっかくのおもてなしの言葉も、動作とちぐはぐだったため、

心がこもってないように聞こえ、非常に残念な気持ちになった。

ただ、これは他人ごとではない。

「人の振り見て我が振り直せ」と言う諺があるように、

逆の立場で考えると、

お客様をエレベーターで見送る際などにも同じことが言える。

完全に扉が閉まるまでは、お礼の言葉と共にお辞儀をやめない・・・など

ほんの一瞬で、全てを台無しにしてはもったいない。

最後の最後まで、相手に対して、言葉と動作に心を込めること。

そうすれば、お互いに気持ちがいいものである。

最後まで気を抜かないように!

« 鶏そば十番「156」 | トップページ | インターンシップ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572472/66375881

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉と動作に心を:

« 鶏そば十番「156」 | トップページ | インターンシップ »