« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月26日 (月)

東京マラソン応援記

昨日は東京出張の前入りで、東京マラソンの応援に行ってきた。

品川の最終折り返し地点に着いたのは午後1時ごろで、

ここはスタート地点から約36km、残り約6kmの場所である。

Img_0821

従って、目の前を走っているランナーは4時間30分ぐらいでゴールできる人たちだ。

今まで、ランナー側から応援してくれる人達を見ることが多かったが、

逆に、応援側からマラソンをじっくり見ると、景色も違うもんで、

そこには、裏方さんたちの活躍が多く見られた。

警察、警備員や運営管理者をはじめ、チェックポイントで集計をする人。

Img_0837

ドクターランナーや、ポリスランナー、背中にAEDを担いだ人や、自転車部隊。

Img_0832

私は乗ったことがないが、制限時間を超えたランナーを乗せるバスや、

Img_0854

その他、トイレへの誘導員、歩道橋を渡る時の自転車を担ぐ人まで。

他にもたくさんの関係者やボランティアの姿がよく目についた。

これだけ大きな大会だからかも知れないが、

多くの裏方さんたちの協力があって、マラソン大会って運営されているんだと

改めて実感することが出来た。

1ランナーとして皆さんのお陰で走らせてもらえることに感謝。

2018年2月22日 (木)

インターンシップ

昨日、来年度の新卒生に向けて、インターンシップを開催。

Img_0800

セミナーに先駆けて行ったわけだが、参加してくれた学生は36名。

まだ具体的な進路について決めかねている者もいる。

そんな学生たちに、座学にて我々の仕事である印刷業界のことや、

セールスプロモーションについてお話する。

20180221_130635

それから、実際の仕事を一部ではあるが体験するべく、

ホワイトモックにて簡単なディスプレイの組み立て作業を、

組立仕様書に基づきやってもらった。

Img_0805_2

しかし、サンプルを見ながらでも、学生たちにはなかなか難しいようで、

あっちこっちで悪戦苦闘している様子だった。

そんな体験により、販促物の事を少しばかり知ってもらった結果、

印刷業界に対する志望度は3人の?を除き100%!

参加者からは、「楽しかった」、「来て良かった」と言う声も多く、

こちらとしても、この業界に興味をもってくれて良かったし、

何名かはまた近々会う事にもなるだろう!

2018年2月19日 (月)

言葉と動作に心を

先日、あるコーヒーショップに入った時の事。

Img_0774

そのお店はカウンターで注文し、商品を受け取るシステムなのだが、

私が注文すると、すぐにコーヒーが出され、会計を済ませた。

すると、店員さんは、

「ありがとうございました、ごゆっくりどうぞ」と言った。

と、ここまでは良かったのだが、

その時、動作も視線も、次のお客さんに向かっていたのだ。

「おっしいなぁ~」と心の中で言いながら、席に着いたのだが、

最後の一瞬で、せっかくのおもてなしの言葉も、動作とちぐはぐだったため、

心がこもってないように聞こえ、非常に残念な気持ちになった。

ただ、これは他人ごとではない。

「人の振り見て我が振り直せ」と言う諺があるように、

逆の立場で考えると、

お客様をエレベーターで見送る際などにも同じことが言える。

完全に扉が閉まるまでは、お礼の言葉と共にお辞儀をやめない・・・など

ほんの一瞬で、全てを台無しにしてはもったいない。

最後の最後まで、相手に対して、言葉と動作に心を込めること。

そうすれば、お互いに気持ちがいいものである。

最後まで気を抜かないように!

2018年2月14日 (水)

鶏そば十番「156」

ラーメンが大好きな私から、おいしいラーメン店を紹介する。

今回は、麻布十番にある、鶏そば十番「156」(本店)だ。

Img_0148

屋号は、「156」と書いて「イチコロ」と読む。

店内は、麻布十番にあるだけあってお洒落な感じで、

Img_0151_2

女性でも一人で行ける雰囲気。

ちょっとしたBARにいるかのような感覚だ。

壁一面には、落書きのようなメッセージが書かれており、

Img_0152

中には、一部上場会社の社長のものも見受けられる。

今回注文したのは、定番の「純鶏そば」(780円)。

Img_0153

濃厚な鶏白湯スープには、鶏の旨味がしっかり詰まっている。

麺は、中細のストレート麺で、腰があって触感もいい。

一度食べたらイチコロになること必至。

鶏そば十番「156」、うまし!

2018年2月 9日 (金)

改良改善

物事を改善しよう!という時には、

まず、思い込みや、自らの常識に囚われてはならず、

従来から持っている固定概念を否定することから始めるべきである。

例えば、品質向上や、コストダウンによる利益率向上などは、

これまでしてきたので、これ以上は出来るわけがない。

と思う人には、それ以上の改善は決して出来ない。

物事を改良改善していくには、

まず、それを行う人の心に改善が可能であると信じる心がなければならない。

必ずできる!と信じる。

その心から見る眼(まなこ)が改良改善の糸口を見出すのだ。

そのように自分自身の心が変化しなければ、

改良改善のアイデアは決して浮かんでこないし、

常識と言う枠に囚われない人でなければ、

独創的な発想をすることも、高収益を達成することもできない。

とにかく、自ら持っている常識を破ってみよう!

2018年2月 5日 (月)

勤怠管理

会社によっては、様々なやり方のある勤怠管理。

弊社では、今までタイムカードに打刻するタイプのものを使っていた。

しかし、これでは打ち忘れや、打ち間違い、時間のズレや、インクの消耗、

さらには管理や、集計などに手間がかかるなど、何かと問題があった。

それを解決するために、新たな勤怠管理を導入。

社内では社員証によるタッチ式に、社外でもスマホによる入力。

その他PCでも入力が可能となり、いつ、どこで仕事を始めたのかが明確になる。

それに、管理もPC上ででき、集計もほぼ自動で行われるもの。

昨年のテーマ「考働改革」の流れを汲むものとして、

ようやく形になったので、説明会を大阪でも、

Img_0567

東京でも行う。

Img_0622

これからテスト期間を経て、実質的な運用は3月からだが、

使ってみれば、手軽さ、便利さは実感できるものとだと思う。

2018年2月 1日 (木)

スーパーブルーブラッドムーン

昨夜は、「スーパーブルーブラッドムーン」。

このブログでは何度も月に関することを書いてきたが、これは初めてである。

この「スーパーブルーブラッドムーン」とは、

 ・「スーパームーン」:満月が通常よりも大きく見えること

 ・「ブルームーン」:満月がひと月のうちに2度起きること

 ・「ブラッドムーン」:皆既月食時に月が赤銅色になること

これらの現象が同時に起こることは、非常に珍しいことなのだとか。

どれだけ珍しいかと言うと、前回、この現象が起きたのは、

1866年のことで、今回は、実に152年ぶりだそうだ。

この日、東京にいた私が見た夜空は雲がなく最高の状態。

19時頃には大きく明るい満月だったのが、

Img_0704

21時頃には半分ほど欠け、

Img_0706

22時過ぎには完全に地球の影に隠れた。

Img_0708

おそらく、生涯二度と見ることのできない「スーパーブルーブラッドムーン」、

この目で見れて良かった!

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »