« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

学びの7段階

「学びの7段階」と言うのがある。

「知る」 「わかる」 「行う」 「続ける」 「できる」 「教える」 「成長する」

この学びの7段階には、それぞれに壁がある。

つまり、「知る」と「わかる」は別であり、

さらに、「わかる」と「行う」も別であるように、

それぞれのステージには壁があるという事。

Photo

このことは、「学業」でも「仕事」でも「考え方」でも同じことが言える。

「知る」 「わかる」レベルでは、全くやっていないレベル。

「行う」 「続ける」レベルでも、ただやっているだけのレベル。

「できる」 「教える」レベルになって初めて、できるレベル。

「成長する」レベルになってようやく、貢献できるレベルなのだ。

要するに、何事も「知ってる」だけでは意味がないってこと。

「できて」 「教えて」 「成長して」はじめて学んだってことになる。

学びって、奥が深いですねぇ~!

2016年11月26日 (土)

忘年会(東京)2016

早くも忘年会シーズンに突入。

12月の週末は何かと予定も詰まっているので、

三邦ホールディングスグループでの忘年会は、11月には始まる。

そんなことで、今年は昨日、東京で行われた。

約50人が入るには、お世辞にも広いとは言えないお店で、

ぎゅうぎゅう詰め状態。

Img_6886

けど、それはそれで社員どうしの距離が近づき良かったかも!?

既に料理も食べ、お酒も大量に入った後の写真ではあるが、

Img_6917

それぞれの会社の壁を越え、

Img_6918

部署の壁を越え、

Img_6919

立場の壁を越え、皆で楽しく談笑。

最後は、お決まりの「ガンバロウ」三連発!

Img_6922

こんな感じで、一年を労うと共に明日への糧となれば幸いだ。

2016年11月22日 (火)

まず思うことが大切

パナソニックの生みの親である松下幸之助さんは、

「何か新しいことをなそうとするなら、まず思うことが大切です」

と、おっしゃっています。

ちなみに、弊社の今年のテーマは、「強想実行」である。

さらに、昨年のテーマは、「想力向上」だった。

この言葉にもちなんで、いずれも、「想う」ということを掲げている。

講演会で有名な「ダム式経営」のお話しをされたとき、聴衆の一人から、

「ダム式経営は理想だが、今余裕がないのをどうすればいいか、それを教えてほしい」

と質問しました。

松下さんは、、「そんな方法は、私も知りませんのや」

「でも、余裕がなけりゃいかん、と思わないけませんな」

と、答えられました。

この答えに、会場は失笑に包まれたそうだが、

実は、そこに大切な真理が含まれているんです。

「理想はそうだが、現実には難しい」と言う気持ちでは、物事は成就しない。

まず、こうありたい、こうあるべきだと思うことが大切。

それが全ての起点になるのだから・・・

まずは思うことから始めよう!!

2016年11月19日 (土)

食事会 in 岡山

グループ会社である三邦プロダクツでのことだが、

昨夜、毎年恒例の岡山パックセンターでの食事会が、

津山市内の居酒屋さんで行われた。

Img_6803

全員参加とはいかないものの、毎年増えているパートさんたちで、

会場は熱気であふれている。

いつものように、私から、日ごろの業務に対し、感謝の言葉を述べ、

常務による乾杯で始まる。

Img_6804

地元の美味しい料理をいただき、会話を楽しみ、

とても和やかで、いい雰囲気で食事会は進む。

Img_6820

私はと言うと、限られた時間の中ではあるが、

パートさんとも一人ひとり話をさせてもらい、実情を聞かせて頂く。

そんな中には、非常にうれしい言葉があったり、

やってて良かったと思えるような言葉もいただき、

会社がだんだんと良くなってるのを実感。

Img_6826

そんな余韻をかみしめつつ、こちらでも中締めは、

みんなで「頑張ろう!」の三連発。

これを励みに、更に良い会社創りを目指して頑張ります。

2016年11月14日 (月)

格言集

この前、いろんな人の格言集に出会った。

ここに載っている人達は、失礼ながらそんなに言うほど有名人でもなければ、

取り立てて言うほど凄い功績をあげた人でもない。

しかし、その言葉には自分なりの強い想いや考えが感じられる。

それは、

 自分に似ている人からは共感が得られます。

 自分に似てない人からは教訓が得られます。   (イラストレーター 中山庸子)

 

 「優しさ」「厳しさ」「明るさ」が人格の三要素。

 「人に優しく」「自分に厳しく」「希望や展望を失わず」、

 「寛容」に「謙虚」に「前向き」に!   (講演家 小林正観)

 

 何事も一生懸命やれば必ず疑問にぶつかる。

 疑問すら起きない人間は一生懸命やっていない。

 ぶつかって、ぶつかって、ぶつかりまくれ!   (実業家 大久保秀夫)

 

 人並みのことをやっても人並みだよね。 

 人がやってることをやっても当たり前。

 できないことをやってみせるのが進歩というもの。 

 半歩でも一歩でも前へでる!   (研磨職人 小林一夫)

 

などなど・・・

どれも納得のいく言葉ばかりである。

2016年11月10日 (木)

ドクターイエロー

名古屋へ出張の際、新大阪駅にて、

Img_6768_2

偶然、「ドクターイエロー」を発見。

ドクターイエローとは、正式名「新幹線電気軌道総合試験車」と言って、

線路や電気設備のチェックをするための車両である。

普通の新幹線ならば、「のぞみ」や「ひかり」など、毎日多くの便数があるが、

Img_6373

このドクターイエローは、めったに見ることができない。

その希少性から、「幸せを運ぶ黄色の新幹線」とも呼ばれている。

どれだけ珍しいかと言うと、東京と博多の間を2日かけて走るのだが、

1か月に3回程しか走らないそうだ。

しかも、いつ走っているのかわからない。

もちろん時刻表にも載っていないし、走る日も時間も非公開なのだ。

実は、私も駅で止まっているのを間近で見るのは初めてで・・・

ラッキー、なんかついてる!

ような気にさせる、ドクターイエローだった。

2016年11月 7日 (月)

LAKE RUN FUN

このシーズンはランニングに纏わるイベントが多い。

昨日は滋賀県大津で行われた「アキサイ」のランイベントに参加。

Img_6764

その名は、「レイク ラン ファン」

まずまずの天候の中、約50人の地元のランナーが集まる。

Img_6759

目玉は、2000年シドニーオリンピックの銀メダリストである

エリックワイナイナさんが来場し、一緒に走ること。

Img_6760

コースは、大津駅から琵琶湖へ向かって突き当りにある「なぎさ公園」

一周1.5kmの周回路だ。

Img_6763

7周、10,5kmをそれぞれのペースで走る。

エリックさんは日本での生活も長いので、日本語は非常に上手である。

会話を、そして琵琶湖の景色を楽しみながらのRUN。

これで心も身体もリフレッシュ。

今週もガンバロウ!

2016年11月 4日 (金)

大阪夜景

夜景と言っても飛行機から見えるものである。

羽田から最終便で帰る際に、たまに伊丹空港の混雑具合で旋回飛行をする。

その時に見れるのが、これ↴

Img_6611

場所は関西空港の東、岸和田辺りの上空より北を見る。

ちょっと暗いが、この日は、雲がなく、よく晴れた日だったので、

大阪湾の輪郭がはっきりと見える。

Img_6614_2

ここは、天王寺辺りの上空より東を見る。

写真上部の黒くなった境目からは生駒山脈だ。

Img_6617

ここは、梅田の上空から見た淀川。

京都方向に蛇行してるのがよくわかる。

特に都会では、昼間の景色以上に、夜景はとても綺麗だ。

しかも、ここまでのものは、例え、あべのハルカスなどの高層建築物からでも、

六甲山や、生駒山からでも見れないと思う。

そういう意味では、この夜景・・・

100万ドル以上の価値があると言えるかも!?

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »