« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

ハーフタイムデイ

月日が経つのは早いもので、今日は、6月30日。

月単位で考えるならば、6か月が過ぎ、残り6か月とちょうど半分となるが、

日単位で言うならば、年始から数え始めて182日目、

年末まで残すところ184日となり、ほぼ一年の半分が過ぎたことになる。

年始や、年度初めに立てた目標を達成するには、

節目、節目でその進捗を確認することが大切である。

実は、6月の最終日のこの日を「ハーフタイムデイ」と呼ぶようで、

前半年の反省を行い、残りの半年が充実した日々になるように、

また、後半年の目標を新たに設定する、と言った人も多いそうだ。

とは言っても、この「ハーフタイムデイ」、公式の記念日ではない。

しかし、節目として、進捗を見つめ直すいい機会である。

皆さんは、この半年間を振り返っていかがでしたか?

すでに目標を達成した人、道半ばの人・・・

と、さまざまでしょうが、この「ハーフタイムデイ」を良い機会とし、

後半年も頑張りましょう。

2016年6月23日 (木)

大雨

今朝ほど、私の住む北摂地域では記録的な大雨となっていた。

それは、激しい雨音で目を覚ますほどである。

窓に打ち付ける雨は、ガラスが割れんばかりだし、

外に出ると、道路が水浸しで歩道との境がわからない。

Img_5640

とにかく激しい雨である。

台風でもないのに、これだけの雨は珍しい。

Img_5643

と、ちょうどこの時、大雨、洪水警報が・・・

昨日まで九州地方で降っていたものがやってきたのだろうが、

この降り方なら、土砂災害などが起こるのもわからなくもない。

なんて考えながら30分、大阪市内へと入ると、

Img_5644

そこは、地面もそれほど濡れていないし、通勤途中の人は傘もさしていない。

先ほどまでの大雨が嘘のような天気である。

あと1か月は続くであろう梅雨、大雨には気をつけて!

2016年6月16日 (木)

リーダー論 2

続いて、「リーダーとしての大切な考え方」について、

1、リーダーは、自ら目標を達成するための方法を常に検討しなければならない。

2、リーダーは、良いアイデアを採用するため、部下に意見を求め、聞いてやる気持ちを

  持っていなければならない。

3、リーダーは、良いアイデアを採用することにより、社員を経営企画に参加せしめる

  意識づけを行わなけれなならない。

4、リーダーは、自ら立てた目標を達成するために、毎日、気を注いで、自分の心を

  乗り移すような気迫で日々の仕事を実行しなければならない。

5、判断をする基準は、常に人間として何が正しいかである。

  自己を中心とした本能心ではなく、自己の欲望を超えた人間として正しい心である。

6、部下に対して大きな愛情を持って接しなければならない。

  事業運営の目的は自分ではなく、部下の物心両面の幸福である。

7、経営とは、それが大きなものであれ、小さなものであれ、日々の小さな数字の

  積み重ねであって、これが分かっていなければ経営はできない。

8、リーダーは、月末締めてから出てくる実績を見て経営するのではなく、

  毎日のオペレーションの中で採算を作っていく実感を持っていなければならない。

以上、これらを実行するだけでも大変な苦労である。

しかし、ある期間、これらを実行していれば大変な経営手腕を得られることになる。

更に、リーダーは、部下・従業員から見られていることを知り、

自らを最も厳しく管理し、社員の模範となるべきである。

参考になったかな!?

リーダー論 1

先日、私が尊敬する経営者の一人。

京セラの稲盛和夫氏が語るリーダー論を勉強する機会があった。

それは、「リーダーの資質」と、「リーダーとしての大切な考え方」である。

既にリーダーである人には確認のために、

そして、今後リーダーを目指す人には参考にと書いておく。

先ずは、「リーダーの資質」について、

1、事業の発展は、そのリーダーに資質によって決まる。

2、リーダーは、自ら明確な目標を持っていなければならない。

3、リーダーは、目標は達成できるものと信じていなければならない。

4、リーダーは、目標を達成するための方法を部下に知らしめなければならない。

5、リーダーは、部下に明確な目標を与えなければならない。

6、リーダーは、部下に目標を達成しなければならないと思わせなくてはならない。

と、言ったものである。

私はもちろん、部長、課長などリーダーとしての立場の者は、

再確認が必要である。

~続く~

2016年6月11日 (土)

ボーリング大会 2

そして、懇親会の会場へ移動。

お店はココ↴、

Img_5595

お洒落なイタリアンレストランだ。

Img_5597

最初は組別に指定された座席だったが、いつも間にやらバラバラに!

ここでも、会社を超え、部署を超え、役職を超え、年代を超え・・・

あらゆる垣根を超えての懇親が図られる。

表彰式の模様は↴

Img_5601

なんと、団体戦での優勝、2位、3位ともに東京が独占。

優勝チーム、何故だか一人まぶしい程に輝いている。

ただ、個人戦でのベストグロス賞は大阪だったようだ。

最後の締めは、恒例の「がんばろ3連発」。

Img_5605

こうして、社員同士が、友情を深め、絆を深めてもらえれば嬉しいことである。

そして、この後も、楽しい夜はまだまだ続くのであった。

ボーリング大会 1

昨日は、東京と大阪、同時にボーリング大会が行われた。

去年、私は大阪に出たので、今年は東京で参加。

Img_5576

いつものように、グループ全社の社員が集まり開催。

東京では、開会に際し、説明等が幹事達よりあり、

Img_5578

参加者全員で記念撮影。

Img_5584_2

そして、2ゲームに渡り、ランダムに組まれた即席チームで競うわけだが、

今回もいろんなことがありました。

来場者全員による「ムーンライトストライクゲーム」では、

Img_5592_2

見事、ストライクを達成する者や、

Img_5589

5連続ストライクを、残念ながら逃す、しかもスプリットの図。

極めつけは、プレイ終了後に放置された自前の靴。

Img_5594

ボーリングシューズを、そのまま履いて帰った者が・・・!?

なんてことがあり、楽しい時間を過ごした。

~続く~

2016年6月 6日 (月)

ラーメン屋 まとめ

ラーメン大好きな私は、しょっちゅう、あちこちで食べている。

そんな中でも、個人的に美味しかったラーメン屋さんを、

平成11年6月6日に紹介した、ラーメン「無鉄砲」を皮切りに、

このブログでは約3か月に一度のペースで紹介してきたが、

今日で5年の節目にと、少しおさらいをしてみた。

北から地域別に、

北海道は、「信玄」、「赤星」、

東京都は、「阿夫利」、「風来居」、「たかはし」、「THANK」

岐阜県は、「香楽」、

京都府は、「無鉄砲」、「岡本屋」、「第一旭」

大阪府は、「光龍益」、「パピー」、「弥七」、「和海」、「ストライク軒」、「Cliff」

兵庫県は、「夢屋台」、

和歌山県は、「丸三」

福岡県は、「やまちゃん」、

熊本県は、「黒龍紅」、

沖縄県は、「いしぐふー」、

上海は、「牛肉拉麺」、

と、上海+国内は1道1都2府6県、全部で11地域、22軒だ。

岐阜の「香楽」はお店の事情で、既に閉店となってしまったが、

どこもおいしいラーメン店ばかりなので、是非、行って食べてみて!

2016年6月 3日 (金)

アルバート シュバイツアー

タイトルの人を知っているだろうか?

ドイツの哲学者で、マザー・テレサや、マハトマ・ガンディーと並び、

20世紀のヒューマニストとしてノーベル平和賞を受賞した人である。

Words_of_albertschweitzerjpgpagespe

たまたま、この人の名言集を見る機会に恵まれたわけだが、

これがとても素晴らしい。

いくつも、いい言葉を残しておられるが、少しだけ紹介する。

それは、

「成功は幸せの鍵ではありません。

幸せが成功の鍵です。

もし、自分のしていることが大好きなら、あなたは成功しているのです。」

とか、

「物事に関心がなくなり、真面目さや、憧れ、情熱、熱意などを、

失いかけていることに少しでも気付いたら、

これは病気の前触れだと考えなければならない。

表面的に流されている生活に魂が苦しんでいると、気付かなくてはならない。」

などなど、納得できることばかり。

興味を持った人は、本を読んでみられては?

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »