« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

おかしな日本語

先日、「おかしな日本語」について、テレビでやってたことだが、

面白かったので紹介する。

それは普段、なにげなく使っているが、実はおかしな言い回しのものがある!

と言うもの。

しかも、使ってる本人でさえ、おかしいと思っていないことが多い。

例えば、「チゲ鍋」、

240pxkorean_stewkimchi_jjigae01

チゲと言うのは「鍋」の意味なので、チゲ鍋は「鍋鍋」となってしまうのだ。

他には、「クーポン券」、

Coupon_img02

クーポンという言葉は「券」という意味なので、クーポン券は「券券」となる。

あと、「フラダンス」、

Idx_img05

フラダンスの「フラ」とはダンスを意味するので、フラダンスは「ダンスダンス」となるのだ。

私もこれまで、まったく知らなかった。(-_-;)

また、ちょっと使い方は違うが、文法上好ましくないものとして、

「馬に乗馬する」とか、「返事を返す」、「尽力を尽くす」・・・など、

これらは重言といって、重複する言葉使いであるのだ。

「射程距離」なんてのもそうだが、普通に使ってるような!?

でも、やっぱりおかしいので、これからは気をつけよう。

ちょっとは勉強になったかな?

2014年7月26日 (土)

ビアガーデン

昨夜はグループ会社全体でビアガーデンに行く。

東京、大阪と別会場ではあるが、同じ19:00より始める。

場所はというと、大阪は、なんば高島屋の屋上ビアガーデン。

___3

今まで、お花見会、ボーリング大会、歓送迎会、忘年会、社員旅行・・・等々

いろいろとやってきたが、ビアガーデンは今回初めてだ。

天候的にどうなる事やらちょっと心配したものの、いい天気で良かった。

って言うか、絶好のビアガーデン日和!?であった。

そして、カンパ~イ!!

___1

ビール好き、酒好き、宴会好きにはたまらない企画だろう。

中にはあまりお酒の飲めない人もいるが雰囲気に酔ってもらう。

この様に、いろんなイベントを通じて、各社の社員同士でコミュニケーションをとり、

繋がりをより一層深めてもらえればホント嬉しい。

あぁ、楽しかった!!

また面白いイベントを企画しよう。

2014年7月22日 (火)

お祭

以前、本社のあった近くには都島神社がある。

そこでは、毎年この時期になると、お祭りが行われる。

お祭と言っても様々で、規模の大きいものから小さいものまで、

また、大阪のみならず、日本全国どこでもあるものだ。

近隣では、天神祭が最も有名で、都島神社のお祭りは、

どちらかと言うと、こじんまりしたものである。

しかし、弊社も都島区にお世話になって約40年。

地域の為に、お祭りでは少額のお花代を出させてもらっている。

そうすると、こんな提灯を掲げてもらえる。

Cimg0874

拡大すると、

Cimg0877

長年お世話になっている地域の、伝統と文化を守る為、

微力ではあるが、貢献したい一心である。

今年も盛り上がって貰えれば幸いです。

2014年7月18日 (金)

盛和塾 静岡例会

今週初めは静岡にて盛和塾の静岡例会に参加してきた。

勉強会には全国より、いや世界各国より塾生達が集う。

ここ数年あたり前となってきたが、今回も参加人数は1000人を越える1236人だそう。

皆、稲盛和夫塾長の生き方・働き方に共鳴し、

経営者としての哲学(考え方)等を生の声で学ばせて頂いている。

__

今回は2名の方の経営体験発表であった。

一人目は、横浜塾の小湊基行氏である。

48歳で独立後、数々の失敗や、詐欺にあったり、病気で倒れたり・・・と

様々な苦難があったものの、盛和塾に出会い、

「もうダメだという時が仕事のはじまり」、「勇気をもって事にあたる」など、

塾長の言葉に励まされ、従業員にフィロソフィーや考え方の大切さを伝えた。

その結果、今まで転んでばかりだったが、「正しい考え方」を学んで、

努力で起き上がることが出来るようになった。

とお話された。

二人目は、仙台塾の倉橋純一氏である。

中古リサイクル品を扱うお店では、右肩上がりで業績が推移してきたが、

うまくいくと、だんだん欲が出て、物事の判断基準が損得になってしまい、

結局、お店を閉めるはめになってしまった。

この頃、たまたま本屋で塾長の著書「生き方」と出会い、

「人として正しい事を判断基準にしなければ永続はできません」

など書かれており改心、盛和塾に入塾し、お店を再開。

中古品をいくらで買って、いくらで売ると言うのは、まさに「値決めは経営」。

今では学んだことを実際の経営に応用されているようだ。

今回も多くの学びを頂き感謝、感謝!!

2014年7月11日 (金)

「幸せ」とは

幸せについて、知人にこんな事を教えてもらった。

幸せとは、「なる」ものではなく、「気づく」もの!

そう、「幸せ」は気づけばいいんだと。

「幸せになる」って考えれば、幸せじゃない状態から幸せを探すってイメージだが、

「幸せは気づくもの」って言われれば、既にそこにあって手が届くもの!って気がして、

ちょっと周りを見渡せば、そこに・・・!

 ・今日は天気がいいなぁ~

 ・上司の機嫌がいいなぁ~

 ・お弁当がいつもより豪華だなぁ~

ってな具合に、ちょっと気をつけてみると、いろんなところに幸せが転がっている。

そして、こんなことも言っていた。

「幸せ」を見つけたら、「幸せ!」って声を出すことだと。

感じるだけよりも、もっと幸せになっていくから!!だって。

いやぁ~、今日は幸せだな~。

なんてったって、花金だから・・・

2014年7月 6日 (日)

面談ウイーク

先週の金曜日より従業員との個別面談が始まった。

__

私が社長になって丸10年、ずっと続けていることだが、

賞与に合わせ、夏のこの時期だけでなく、冬にも行っている。

対象は、グループ会社全社の全正社員。

一人あたり、約30分ずつ話をする。

昨日は、三邦プロダクツの正社員と岡山で面談。

来週は、三邦ホールディングスと、三邦、そしてコムプライム。

いずれも、大阪と東京とで行う予定。

面談する社員数は、合計80名なので、ほぼ1週間かかる。

この話を経営者の仲間達にすると、

よく、「大変じゃないですか?」って聞かれるが、

全然そんなことはない。

むしろ、年間を通じて、もっとも充実した日々と言っても過言ではない。

普段、なかなか喋れない従業員もいるので、ここぞとばかりに話をする。

従業員にしてみれば、楽しみにしている者もいれば、憂鬱な者もいるだろう。

しかし、継続は力なり!

内容は様々で、業務について話が中心ではあるが、

普段なかなか言えない悩みや、相談ごと、提案や、お願いごと・・・等々も聞き、

これを基に、皆が幸せになるべく、より良い会社を目指しやっていく。

今週も、頑張っていこう。

2014年7月 3日 (木)

固定観念

人は誰しも「先入観」や「思い込み」といった固定観念をもっている。

しかし、固定観念を捨てると世の中が面白く見えてくるものである。

例えば、「ウサギとカメ」の昔話。

これは、足の速いウサギがカメよりはるかに先行していたのに、

油断して昼寝をしている隙に、カメに追い越されてしまうと言うお話。

普通の解釈では、歩くのは遅くても、地道に一歩一歩努力すればきっと報われる。

或は、奢った心を持ってはいけない、最後まで油断してはいけない。

ってことで、カメは偉い、ウサギはダメ、と言った教訓となるお話なんだろう。

しかし、見方を変えれば、

なぜ、カメは寝ているウサギを起こしてやらなかったのか?

素通りせずに、起こしてあげて一緒にゴールすれば良かったのに!

ってことで、カメは非情で、ウサギはかわいそう、なんて言う解釈もありかもしれない。

要するに、ものごとには、いろいろな捉え方があって、

自分の考えや、価値観に固執するのをやめてみれば、

世の中はもっと面白く見えてくるってこと。

頭をやわらくしよう!!

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »