« デジカメ | トップページ | 賀詞交換会 »

2012年1月17日 (火)

1.17

本日、阪神・淡路大震災から17年目を迎えた。

当日の午前5時46分、関西に住む私にとっては、初めて経験する揺れであった。

また、6434人と言う多くの犠牲者をだした大災害となってしまった。

私自身、数時間後には神戸に行き、直に家屋やビルが倒壊し、道路は寸断され、

あちこちで火災が発生していた現場を目の当たりにしたわけだが、

今では、その神戸の街も再生し、一部問題はあるにせよ復興を遂げた。

そして、「慰霊と復興のモニュメント」や、「神戸ルミナリエ」などの様々な形で、

犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、震災の記憶は語り継がれている。

しかし、時が経つにつれ、徐々に過去の出来事となりつつあるように思える。

昨年、東日本大震災があったが、毎年、日本のどこかで災害は起きている。

自然のことなので避けられないが、ここは大丈夫だとか、自分には関係ないと思わず、

備えよう、いつ、何が起きても対応できるように。

有名な言葉に、「天災は忘れた頃にやってくる」と言うのがあるように、

決して忘れない事、これが大切である。

« デジカメ | トップページ | 賀詞交換会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1.17:

« デジカメ | トップページ | 賀詞交換会 »