« 京都賞 | トップページ | 変な地名 »

2011年11月12日 (土)

珍しい日

昨日は、ありとあらゆるところで、すごく珍しい事があったんでですね。

それは、2011年11月11日11時11分11秒の瞬間。

O0620031511604112658

なんと「1」が12個も並んだんのである。

昨年は、2010年10月10日10時10分10秒と「10」が6回も連続したが、

同じ数字がこれだけ並ぶのは、実に100年振りのことである。

もちろん、あと100年経てば「1」が13個並ぶこととなり、今年以上に珍しいのだが、

そこまで生きていられる者はごくごく少数であろう。

しかし、良く考えてみると、毎年11月11日には、必ず「1」が10個並ぶのであり、

同じ数字が10個も並ぶという事は、これはこれで珍しい日なのである。

並んでいる数で言えば、2021年11月11日11時11分11秒や、

2022年2月22日22時22分22秒など、11個ならそう遠くない将来にやってくる。

10個では物足りない、あるいは、今回見逃した方は10年後をお楽しみに。

ちなみに、年末まで、あと50日である。

この一瞬を生きていられることに感謝し、一日一日を大切に生きよう。

« 京都賞 | トップページ | 変な地名 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珍しい日:

« 京都賞 | トップページ | 変な地名 »