« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

大阪マラソン

10月30日、いよいよ「第1回大阪マラソン」出走の日である。

不覚にも先週からの風邪も完全に治らぬまま、この日を迎えてしまった。

朝、7時に大阪城公園に到着、凄い人だかりである。

ゴール地点が南港となる為、先ずは、着替えて荷物をトラックに預ける。

そしてスタート地点へ移動。

途中、大阪城をバックに元気そうな時の姿を写真に収める。

Imgp3344

スタート直前の様子、前も後ろも、とにかく凄い数のランナー達である。

Imgp3349

Imgp3348

9時ちょうど、ようやくスタートするも、

私がスタート地点に着くまでに約6分程かかった。

Imgp3350

前半は順調に走って、御堂筋を駆け抜ける。

111030_009

京セラドームが見えた辺りから脚に違和感が・・・

Imgp3357

そして、脚の痛みが、みるみる増加してくる。

ハーフ地点では両脚共全体的に痛くなり、ついには走れなくなってしまう。

途中、救護所のお世話にもなりながら、結局、ゴールまで歩いて行くこととなる。

Imgp3358

3回目のフルマラソンではあったが、こんなに苦しい思いは初めてだ。

何度も、リタイヤしようかと考えたが、最低でも完走と思いゴールまでたどり着いた。

ご褒美は、この完走メダル。

Imgp3363

結果、目標タイムには、遥か届かないものとなってしまったが、

この状況で、完走できたことには満足である。

しかし、いつかこの悔しい思いは、必ずリベンジしたいと思う。

2011年10月28日 (金)

大連 4

3日目、昨日から相変わらず体調は優れない。

けど、ちょっと無理をして全ての行程に参加、朝から観光へ行く。

本日、私が乗るバスは、稲盛塾長と同じだ。

まずは、203高地へ行く。

Imgp3295

しかし、やはり観光どころではない、気温も低いが、体調のせいもあり、とにかく寒い。

続いて、東鶏冠山、水師営などにも行くが、どこもかしこも、やたらと寒い。

Imgp3330

それでも、昼食では、ラッキーなことに塾長と同じテーブルに座ることができた。

Imgp3307

実は、こうした食事の間も、塾生の経営に関する悩みを聞き、的確に答えてくれている。

そう思うと、塾長は、本当に氣の休まる暇がないと思う。

午後は、大連事務局となる「大連盛和塾研修基地」の看板除幕式が行われる。

が、非常に大層で、なんか広告塔として利用されているような感じがしたので省略する。

そして、大連市内に戻り、市内最大のど派手なレストランで、再び懇親会。

Imgp3314

明日は帰国の途につく。

大連で行われた今回の勉強会、開塾式においても非常に多くの氣づきがあった。

これからの中国の躍進に負けないよう、もっともっと頑張らねば。

大連 3

昼食の休憩中、会場の外では巨大な寄せ書きボードが設置されていた。

Imgp3261

稲盛和夫塾長の文字を発見するや、すぐ横に記入し、記念写真。

Imgp3262

午後からは、冒頭、中国における京セラ事業の展開を説明され、

続いて、福島工業株式会社の福島 裕氏による経営体験発表である。

同氏は過去3度も、稲盛経営者賞を受賞しておられ、ほぼ順調に業績を伸ばされている。

今回は「稲盛哲学の実践」と題しお話された。

実践のきっかけは稲盛ライブラリーを見学し感動、そして稲盛哲学を学び格闘する事に。

成長できた要因は、仕事に懸命に取り組む中で自らの気付きを経営理念に落とし込み、

進化発展させ、社員と共有できたからである。

また、減収時にも塾長の「不況に心すべきこと」を実践し乗り越えられたとお話された。

発表が終了し、いよいよ大連塾の開塾式である。

代表世話人の挨拶に続き、99名の大連塾生が一人づつ自己紹介、抱負を述べた。

一通りのセレモニーを終え、塾長による「京セラ会計学」に関する講和を拝聴。

Imgp3267

まず、原理原則に基づいた判断基準は、会計においても同じであると言うこと。

経営の為の会計には、7つの原則がある。

1、キャッシュベースの経営 (自己資本比率を高める)

2、1対1の対応の原則 (原則に徹すること)

3、筋肉質経営 (必要なものを必要なだけ購入)

4、完璧主義を貫く (ど真剣に仕事に取り組む)

5、ダブルチェックの原則 (社員に罪を作らせない経営者の気持ち)

6、採算性向上 (時間当たり採算制度「アメーバ経営」)

7、ガラス張り経営の原則 (トップ自ら率先垂範)

以上をもって健全な会計を行うことが大切であるとお話された。

今回は、会計における経営の神髄を教わることができ、大変勉強になった。

大連 2

2日目の朝、体調が優れない中、勉強会へ出席。

参加者は日本塾生約160名と、中国各地の塾生を含め総勢約1000人。

Imgp3258

まずは、今年の世界大会でも発表され、稲盛経営者賞も受賞された

医療法人 愛生館を経営される小林 武彦氏による経営体験発表である。

Imgp3263

『「愛生館フィロソフィー」と「家計簿経営」による経営』と題して、

稲盛哲学を参考に独自のフィロソフィーを創り、理事長コンパ等で従業員に浸透させ、

また、アメーバ経営を参考にして家計簿経営を導入、数字を馴染みやすいものとした。

その結果、収入も自己資本比率も各段に向上されたというものである。

次に、中国の塾生である李錦恭氏の話があり、

続いて、神戸大学教授の三矢 裕氏による「アメーバ経営が会社を変える」と題した講演。

まずもって「アメーバ経営」が大学での研究対象となっていることに驚いた。

同氏は、小さな組織にして任せる経営を行うことを推奨。

任せる経営と言っても、任せて任せっぱなしにしないで、リーダーを育成することが大切。

但し、リーダーが暴走しない為のブレーキ(経営理念と管理会計)も必要とお話された。

大連 1

10月22日より、盛和塾大連の開塾と勉強会に中国へ行ってきた。

その様子を何回かに分けて書いてみることとする。

大連へ向かう飛行機はもちろん「JAL」だ。

Kc3x0236

朝9時30分に出発、大連までの飛行時間は約3時間である。

到着後、バスで移動、満鉄本社や大和ホテル、大連港など市内観光をする。

Imgp3255

夕方より、日本塾生のみでの懇親会があり、本日の予定は終了。

翌日の開塾式、勉強会に備え早めに休むこととする。

しかし、宿泊したホテルの部屋が異常に寒い。

この時期にもかかわらず、なんとクーラーが弱ではあるがかかっている。

慌ててヒーターに設定し直し、風量を最強にしたものの、いっこうに暖かくならない。

仕方がないのでそのまま眠ることにしたが、それが大失敗。

翌朝になって、寒気とだるさを感じる、どうも風邪をひいてしまったようだ。

2011年10月21日 (金)

第4回 パッションリーダーズ

19日は、第4回目となるパッションリーダーズに参加。

早いもので、4月の立ち上げから約半年がたち、会員数も順調に増え続け、

既に250名を超えている。

今回の講演は、理事を務める(株)ベネフィット・ワンの白石徳生社長である。

「サービス業の流通創造」と題して、独自のビジネスモデルについて講演された。

Imgp3211

白石社長は、パソナに入社後、社内ベンチャーの第1号でこの会社を設立され、

今では東証二部へ上場する、福利厚生アウトソーシング会社として、

主に企業に勤める方に喜ばれる「福利厚生サービス」等を提供されている。

現在、会員数549万人を有する業界No.1のすばらしい会社となっている。

Imgp3201

ビジネスのキーワードは、「インターネット」、「生協」、「職域販売」の3つ。

設立当時、インターネットは製造業以外で世界に勝負することができると考えられ、

そして、生協のように顧客志向を追及し、職域販売で利権を獲得すること。

これらが組み合わされたものが、「福利厚生サービス」となったようである。

そんな白石社長は、ビジョンを実現する為に大切にされていることが4つある。

それは、「想いを持ち続けること」、「想いを行動に変えること」、

「仲間と想いを共有すること」、そして、「常に進化し続けること」だそうだ。

まさにその通りだと思う。

今回も、実践に役立つ非常にいい話を聞くことができた。

この後、いつものように懇親会で新会員を含む多くの方々とも歓談。

随時更新されているパッションリーダーズの公式ホームページは、

www.passion-leaders.com

2011年10月17日 (月)

ラッピング

私が住む大阪北部には、大阪モノレールがある。

伊丹空港から門真までと、彩都の方まで運行している。

このモノレール、なんとなくだが、ラッピング車が多いと思う。

ラッピングとは、商品等の宣伝に用いられる広告手法の一つで、まさに「包む」こと。

この場合、モノレールの全体又は大部分に、塗装、或はフィルムを貼りつける事である。

この「チキンラーメン号」や、

Wrapping_indeximg_chikin

「コカ・コーラ号」に、

Wrapping_indeximg_cocacola

「大阪王将号」と、

Wrapping_indeximg_oosho

他にもいろいろあるが、どれもこれも、ラッピングされたものは派手で目立つ。

その中で、「阪急電車号」と言うのがある。

Img_hankyu_2

これは、ある意味、凄いと思う。

タバコで例えるなら、マイルドセブンの箱の中にマルボロが入っているようなもの!?

また、飲み物なら、コカ・コーラの瓶に、黒ビールが入っているようなものではなかろうか?

いずれにしても、同業他社の宣伝をするなんて普通では考えられない。

しかし、共存共栄の精神をもってすれば理解もできる。

このラッピング広告は、モノレールだけではなく、電車や、バス、自動販売機、ビル等

いろいろなものに、幅広く活用されている。

弊社でも取り扱っているので、自然と目が行ってしまう。

あなたの周りにもたくさんあるので、意識して探してみられては?

2011年10月13日 (木)

HPリニューアル

今年4月より新装開店した、この「三邦ホームページ」が、

半年ぶりに、若干ではあるがリニューアルしました。

トップページの写真が夏らしい「青空に太陽」から、秋らしい「紅葉から覗く太陽」へ。

併せて、背景の色を「淡いブルー」から「淡いピンク」へ変更。

そして、社員紹介の「SUNPOHで働く人々」も3名追加した。

これは、今のところ若手を中心に紹介していこうと思います。

あとは、作品事例なども更新していかなければ・・・

これからは、3か月を目処に、もっと早い更新を心がけます。

随時、更新しているのは、この「ブログ」だけであるが、

この「ブログ」のアクセス数も、ようやく4000件を超えた。

自分なりには、結構たくさんの人が見てくれていると思っている。

なんとなく、ネタに偏りがあるようにも感じるが、引き続き書いていこうと思う。

そして、ホームページ自体にも、もっとたくさんの方々に見てもらえる様に、

さらに工夫し、更新していきたいと思います。

2011年10月12日 (水)

抽選結果(東京マラソン)

昨日、メールにて、

◇◇東京マラソン2012 平成24年2月26日(日)開催◇◇

《抽選結果(落選)のお知らせ》

がきました。

Imgp3185

残念でした!

昨年も応募したが落選だったので、これで東京マラソンは2連敗である。

やはり、競争率9.6倍の壁は厚かったようだ。

次の抽選結果待ちは京都マラソンだが、

初開催だし、スケジュール的にも、モチベーションを保ち続ける為にも、

これにはなんとか当たってほしいものだ。

2011年10月11日 (火)

電柱

会社の周りにはたくさんの電柱がある。

勿論、会社の周りに限ったことではなく、日本中ありとあらゆる所にあるものだ。

実は、ずっと以前から、気になっていたことではあるが、

この電柱って、けっこう傾いたものがあるんですね。

もしかしたら、傾いた電柱が多いのは、この辺りだけかもしれないけれど・・・、

会社の横の電柱は、

Imgp3140

向かいの電柱なんて、

Imgp3141_3 

機能、性能に関して、特段問題があるわけではないと思うが、

私の個人的な性格上、まっすぐ立っていてほしい。

いっその事、電線を地下に埋めて、スッキリとしてもらいたいくらいである。

とは言うものの、電気自体は非常に大切なもので、今年初めに起きた大地震によって、

改めて、その有難味を感じたものである。

しかしながら、この傾き具合は如何なものか・・・

いつか倒れるような気がしてならないのは、私だけだろうか?

2011年10月 7日 (金)

誕生会

自分で言うのも何だが、10月6日は誕生日であった。

この日は、島根で盛和塾の例会があったので、自宅には帰れない。

従って、何事もなく、いつものように過ぎていくだけだと思っていた。

が、しかし、盛和塾の塾生達は違った。

塾長例会の後、何と、私にサプライズで誕生会を用意してくれていた。

参加者して頂いたのは、北大阪の方々だけでなく、全国から、それにアメリカからも、

また、凄い方も含め、素晴らしい経営者ばかり、ざっと30~40名。

お店を一軒貸切である。

バースデーソングと共に、こんな立派なケーキまで用意して下さった。

Imgp3145

上には実に46本のローソクが立っている。

こんなにたくさんのローソクを消すのは、生まれて初めてである。

流石に、一気どころか、なかなか全部を消すことができなかった。

そして、取り分けてみんなで食べる。

Imgp3148

たくさんの方々の思いがこもったケーキ、格別のおいしさであった。

まさかのサプライズだったので、びっくりしたが、本当に嬉しかった。

素晴らしいソウルメイトと共に過ごせたこの時間、感謝で一杯である。

最高の誕生会を、本当にありがとうございました。

2011年10月 5日 (水)

大阪難読地名

以前、「大阪の不思議」と題して、このブログでも少し触れたが、

先日の新聞記事にもあったので、改めて書いてみる。

大阪には、普通では読めない地名が数多くある。

ここで、大阪市内にある有名なところを紹介しよう。

まずは、鶴見区の「放出」は、普通なら「ほうしゅつ」とか、「はなで」かと思うが、

なんと、これを「はなてん」と読む。

なんでやねん!

淀川区の「十三」も、ふつうなら「じゅうさん」だと思うが、「じゅうそう」であり、

東成区の「杭全」は、「くいぜん」としか読めないが、「くまた」と読む。

東淀川区の「柴島」は、「しばじま」ではなく、「くにじま」だ。

そんなアホな!

まだ、まだ、ある。

平野区にある「喜連瓜破」、これは「「きれうりわり」と読むし、

西区の「立売堀」は、「いたちぼり」、阿倍野区の「我孫子」は、「あびこ」と読む。

おかしいやろ!

絶対、知らなきゃ読めない!!

ローカルになると、もっといろいろとあるが、このくらいにしておこう。

だが、いずれもパソコンや携帯で変換すると、すぐに変換される。

しかし、なんでこんなに読みにくい地名が多いのか?

それは、その土地での歴史や、由来に加え、読み方や表記が少しずつ変わっていった

ことも影響しているようである。

大阪らしく、時々ツッコミを入れてみたが、

こんなことでも「なぜ?」、「どうして?」と突き詰めていけば、奥が深そうである。

地元を訪ね、いろいろと調べれば、歴史や地理の勉強になるだろうし、

意外と、いいかも?

2011年10月 3日 (月)

交通事故

先月末まで、10日間にわたり全国で行われた「秋の交通安全週間」が終わった。

が、その直後の10月1日昼過ぎ、琵琶湖へ向かい車を運転していると、

こんな場所で渋滞、いや停滞とは、おかしいな?

と思ったら、すごい事故現場を目の当たりにした。

Imgp3130

そこは、自動車専用道ではあるが、片側1車線の対面通行である。

見通しも良い直線道路であるにも関わらず、大型ダンプと乗用車が正面衝突している。

状況からすると、乗用車が何らかの理由で反対車線に飛出してきたのを、

大型ダンプは避けようと、左へ逃げたものの、逃げ場を失い、衝突したようだ。

既に、現場には消防車・パトカー・救急車などが10台くらい来ている。

事故処理の間、道路は封鎖されていたので、大渋滞が起きていたようだ。

近くでの車両の様子は、

Imgp3131

かなりのスピードで突っ込んだように思う。

乗用車、大型ダンプ共に前部が大破している。

ドライバーの安否は不明だが、タダでは済まないと思う。

一瞬の気の緩み、判断ミス、居眠り・・・等、原因はわからないが、

明日は我が身と思い、車を運転される方は、くれぐれもご注意を!

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »