2019年1月15日 (火)

「せや」

昨日、東北出身の人と話していたところ、

関西人が使う「せや」について聞かれたので、ここでも説明しよう。

 「そうです」 ⇒ 「せや」

 「そうですね」 ⇒ 「せやな」

 「そうですよ」 ⇒ 「せやで」

 「全くその通りです」 ⇒ 「せやせや」

 「そうだろうか」 ⇒ 「せやろか」

 「そうは言いましても」 ⇒ 「せやかて」

と、関西では表現する。

ちなみに、「せ」の代わりに「そ」に置き換えても構わない。

そもそも、これは「そう」が「そ」に短縮されているわけで、

関西では、「う」がよく省略されるのだ。

例えば、

 「笑うてる」 ⇒ 「笑てる」(わろてる)

 「使うてる」 ⇒ 「使てる」(つこてる)

 「貰うた」 ⇒ 「貰た」(もろた)

以上、「せや」の使い方講座でした。

2019年1月10日 (木)

えべっさん

毎年、欠かさずに行ってる「えべっさん」。

今日は、本命の「十日戎」。

商売繁盛を願ってお参りする商売人がたくさん集まってくる。

Img_3511

数ある「えべっさん」だが、私が行くのは今宮恵比寿神社。

会社から電車で4駅と非常に便利で、1時間もあれば行って帰ってこれる。

お参りですることは、毎年いつも同じ。

先ずは、昨年の古笹をお返しし、

Img_3512

お賽銭を投げ込み!お参りする。

Img_3523

そして、新たな福笹をもらい、

Img_3513

福娘から様々な縁起物を付けてもらう。

Img_3518

最後にドラを叩いて「頼んまっせ!」と願掛けをする。

Img_3525

ってことで、今年も商売繁盛となりますように!

2019年1月 7日 (月)

自責と他責

ものごとには「自責」と「他責」と言う考え方がある。

自責とは、例えば、今の自分の体形ひとつをとってみても、

遺伝子的な要素もあるかもしれ知れないが、

今までの自分の生活の結果で、今の自分の体形があるように、

今の自分の能力・評価・信頼・地位・収入・・・など、

あらゆることが、今まで行ってきた行動・言動・選択によってできている。

なので、今の現状がうまくいってないのであれば、

それは、今までの何か間違った行動・言動・選択によるものなので、

素直に改善すればいい。

ただ、他責の人は、うまくいってない事の本質を、必ず他のせいだと考える。

そして自分を変えず、環境だけを変えようとするが、

自分は成長していないので、例え環境が変わっても、

必ず同じようなことが起こり、同じような結果になる。

と言うものであるが・・・

もし、思い当たることがある人は、自分自身を変えるためにも、

これからの 行動・言動・選択を変えてみよう !

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

Img_3468

今年は亥年、十二支の最後の年です。

また、平成も最後の年となり、新しい時代へと変わりゆく年でもあります。

2019年、我々も様々な変化に対応し邁進していく所存です。

皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げますと共に、

本年も変わらねお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

新年は1月4日から営業させて頂きます。

平成31年 元旦

山本 雅之

2018年12月28日 (金)

仕事納め

本日が今年の仕事納め。

今年も残すところあと4日となり、

平成30年(西暦2018年)もいよいよ終わろうとしている。

朝から年末の挨拶回りに行く者。

身の回りの掃除やかたずけをする者。

新年を迎える為の準備をする者。

と、いつもの業務とは違った様相であるが、

今年も無事この日を迎えられたことに感謝すると共に、

来年も皆様のご期待に沿えるよう精進して参りますので、

引き続き、お力添えの程、よろしくお願い申し上げます。

来年も皆様にとりまして、素晴らしい1年となりますよう、

心よりお祈り申し上げます。

良い年をお迎えください。

2018年12月25日 (火)

食事会

最近、忘年会や岡山パックセンターでの食事会について書いたが、

それとは別に、今年は全正社員と食事を一緒にしようと年頭に決めていた。

そこで、グループ会社5社、約130名を4~5名づつに分けて実施。

Img_3107

なので、この食事会だけでも、年間30回以上行ったことになる。

もちろん、年間一人1回きりと言うわけではない。

会社や、部署ごと、あるいは社員主導での飲み会に加えて、

社内イベント後の2次会なども含めると、40回以上は行っただろうか!?

中には、3~4回共にした社員も何人かはいる。

Img_3102

普段から社員とコミュニケーションはとりたいと思っているものの、

会議室での面談だけでは、お互いなかなか想いは伝わらないもので、

食事をしながらや、多少アルコールを飲むと・・・

胸襟を開いて、様々な話を聞くこともできるものだ。

中には、改善案や素晴らしいアイデアを持っている者や、

新たなビジネスチャンスのヒントとなる話など・・・

もちろん、そんないい話ばかりではない。

私にとって耳の痛い話や、厳しい意見も結構あるもので、

それも含めて今の会社の課題だと認識。

Img_3258

それに、思わぬ副産物だが、社員同士でも初めて食事を共にする者もいて、

これをきっかけにお互いを知り、仲良くなったりと言った効果もあったり!

胃と肝臓には多少負担をかけたかも知れないが、

来年以降もまた続けていきたいと思う。

2018年12月20日 (木)

稲盛哲学

稲盛和夫氏が塾長の盛和塾で学んで早や10年。

稲盛塾長には全国各地で、もう60~70回はお会いしただろうか!?

Hqucarnxwzdns2gjqhcsi4qu2jzgqxupoaw

私がなんで、こんなにも会いに行ったのかと言うと、

それは、稲盛塾長が世界一の経営者だと思っているからで、

その事業とは、

 ・京セラを創業し、上場、セラミックで世界一の会社にする

  売上1、5兆円、利益1300億円(利益率8,6%)

 ・KDDIを創業し、上場、売上5兆円、利益1兆円(利益率25%)

 ・倒産したJALを再生し、再上場、売上1,3兆円、利益2000億円(利益率5%)

 ・私財200億円を投じ日本のノーベル賞ともいえる「京都賞」を設立

 ・ベストセラー作家、2015年には著書が世界で累計1000万部販売される

等々、どれか一つをやったとしても、「超一流」と言われる実績を、

これだけ積み重ねてきた人物は、他にはいないのではないかと思う。

それも全て稲盛哲学とアメーバ経営の賜物であると思うが、

稲盛塾長には、会えば会う程、その人柄に惚れ、偉大さに驚きます。

読めば読むほどに新たな氣づきがある著書も大概読ませて頂いた。

そんな稲盛塾長に出会えて、ほんとに良かった。

世の為人の為に!と思えるようにもなったし、何よりも私の人生が良くなったと思う。

先日、そんな盛和塾が来年いっぱいをもって解散すると発表された。

稲盛塾長の年齢や、体調の事を考えると致し方ないこととは思う。

内心、非常に残念であるし、寂しい思いであるが・・・

ただただ、稲盛塾長には心より感謝しかありません。

2018年12月17日 (月)

忘年会 (大阪)

先週末は大阪におけるグループの忘年会。

今回は西梅田にあるホテルモントレー大阪での開催。

Img_3414

会場は広いし、綺麗だし、なんと言っても豪華だ。

おまけに、サービスも良くて、料理も美味しい。

決まった予算内によく交渉!?できたもんだと感心する。

Img_3417

舞台はあるし、大きな丸テーブルなので、話もしやすいし、

他のお客さんがいるわけではないので気を使わずに、

少々大きな声で喋っても、歩き回っても周りに迷惑をかけることない。

途中、幹事たちが企画した余興で多いに盛り上がり、

Img_3423

あとは、あちこちで、それぞれが談笑。

Img_5319

この「忘年会」とは、その年の苦労を忘れる!と言う意味が込められているが、

来年もいい年になりますように!と言う意味を込めて、

「望年会」としてもいいかもしれない。

いずれにしても、来年も力合わせて頑張っていこう!

Img_3435

ってことで、最後は「頑張ろう!」の3連発で締める。

2018年12月13日 (木)

3つの「間」

先日、こんな話をする人がいた。

それは、「3つの〇〇」とか、「三大〇〇」ってよくありますよね。

例えば、結婚式などでよく言われるのは、「3つの袋」。

それは、「胃袋」、「給料袋」そして、「堪忍袋」だし、

日本の「三大名園」と言えば、「兼六園」、「後楽園」、「偕楽園」。

って言うように、3と言う数は、覚えやすいのか、印象に残りやすいのか、

使われていることが多いものである。

そんな一つに、人生の流れに乗るコツとして、「3つの間」があるのだとか。

それは、「空間」、「時間」、そして「仲間」であると。

上手いこと言ってるな!と感心したのだが、空間と時間はもちろん、

仲間は大事だし、仲間がいると元気も出る。

問題も一人で考えないで、みんなで意見を出し合ったら、

いい解決策が見つかるかもしれない。

ただし、これには注意しなければならない点がひとつあると言う。

大切な「間」だけに、この「間」が抜けてしまうと・・・

「間抜け」になってしまう (@Д@;

だから、決して「間」は抜かさないように!って。

2018年12月 9日 (日)

ファイアーレインボー

昨日、何気なく空を見上げたら・・・

Img_3403_4

なんと、雲が虹色に染まってるではないですか!?

何だかわからないが、とりあえず綺麗だったので写真を撮ってみた。

しばらく経っても、

Img_3400

まだ虹色の雲は残ったままだ。

以前、このブログにて「日暈」ってのを書いたが、これに近い現象か?

と思って調べてみたところ、超レアな自然現象で「ファイアーレインボー」

と呼ばれるものだそうだ。

正式名称は「環水平アーク」って言って、大気中の氷粒に太陽光が屈折した時や、

その他、様々な条件がそろった場合にこのような現象がみられると言う。

何も知らずにこの光景を見たので少し驚いたが、

雲が虹色に染まるこんな幻想的な現象を見れてラッキー!

たまには空も見上げてみるもんですね。

2018年12月 7日 (金)

利尻らーめん「味楽」

ラーメンが大好きな私から、おいしいラーメン店を紹介する。

今回は、横浜にあるラーメン博物館から、利尻らーめん「味楽」だ。

Img_2650

このラーメン博物館に出店するだけでも人気店の証だが、

その中でも1、2を争う程の人気を誇る店である。

とは言っても、このラーメン博物館に来たのは初めてで、

屋内は外観とは打って変わって昭和初期のよう雰囲気となっており、

Img_2640

そのレトロな造りを見ているだけでも懐かしさを覚える。

会館直後の11時30分頃に行ったものの既に多くのお客さんが中にいる。

もちろん、このお店はすぐに行列ができる。

Img_2637

注文したのは、定番の「焼き醤油ラーメン」。

Img_2634

味楽の特徴は、なんと言っても利尻昆布の濃厚な出汁が特徴である。

黒い出汁を口に含むや、利尻昆布と焦がし醤油の香りが広がり鼻へと抜ける。

麺はモチモチとした中太の熟成ちぢれ麺で、濃厚なスープに負けないものだ。

ここに出店するまでは、北海道の利尻島に行かなければ食べれなかった一品で、

東京からでも日帰りでは食べれない程の貴重性たるや半端ない。

利尻らーめん味楽の「焼き醤油ラーメン」、うまし!

2018年12月 3日 (月)

NAHAマラソン 2019

今年も行ってきました「第34回 NAHAマラソン」。

私自身9回目となるが、昨年に引き続き、社員4人と共に参戦。

他にも、毎年ご一緒させてもらっているメンバーと合流し、前夜祭から打ち上げまで、

一時の苦しさはあるものの、楽しく過ごすことが出来た。

出走前の集合写真、

Img_3285

私は、仮装を予定してたものの、結局間に合わず普通の恰好となった。

マラソン当日は、お天気にも恵まれ絶好!?過ぎるマラソン日和となったが、

ここは沖縄、12月とは言え、かなり暑い。

時より強い日差しでもって最高気温26度、体力を容赦なく奪っていく。

とは言え、今年も、食べて飲んでのFUN RUN。

いつものソーキそばや、吉野家の牛丼、ソーメン、たこ焼き、かき氷・・・

Img_3320

コーラに、さんぴん茶、オリオンビールまで!

Img_3322

途切れることのない応援者のおかげをもって4時間38分で無事完走。

Img_3335_2

社員4人も、何とか全員完走し・・・と言いたいところではあったが残念な者も。

ただ、昨年のリベンジを果たした者がいてくれて良かった。

走り終えての乾杯!

Img_3352

もちろん、オリオンビールだ。

最高に美味い、これがあるから辞められないのかも!?

また来年も走れればいいのだが・・・

2018年12月 1日 (土)

忘年会 (東京)

昨夜はグループにおける東京での忘年会。

11月末とは言え、既に忘年会シーズンに入ったと言っても過言ではない。

三邦とコムプライム合わせて約50人が集ったわけだが、

Img_3262

会場のお店は、通路を挟んで2部屋ってな感じのレイアウトの為、

みんなに対して話がしずらい・・・

Img_3265

とは言え、幹事たちが考えたトランプを使った余興をしたり、

Img_3268

新人紹介など、2時間30分はアッと言う間に過ぎてしまったのだが、

Img_3263

これだけの人数がいると全テーブルを回るのも一苦労である。

この時ばかりはと、呑めば燥ぐ宴会部長もいれば、

科目に食べて呑む者もいればと、本来の性格を垣間見ることが出来る。

それでもみんな楽しくやってくれているので、ALL OK!

いつものごとく、最後は「頑張ろう!」三連発で締めるものの、

Img_3271

東京でも、楽しい夜はなかなか終わらないのでした。

2018年11月26日 (月)

PERSONAL SCHEDULE

年末に差し掛かかるにつれ、何かと来年の予定が入ってくるが、

今の手帳では、書く所がないので来年の手帳を購入した。

Img_2929

ただ、今年に限っての話ではあるが、

新元号も来年の祝日も正式に決まっていない時から準備を始めなければならない

手帳やカレンダーの製作業者は大変だったと思う。

そんな状況の中、この手帳はと言うと、

4月30日、5月1日、5月2日は黒文字となっており、平日扱い。

Img_2945

10月22日も黒文字で平日扱いだ。

Img_3097

そりゃそうなるわ!と思いながらも、蛍光ペンでマーキング。

なのに、12月23日は黒文字で平日扱い。

Img_2944

これだけは決まっていたのか・・・!?

まぁ、祝日が平日扱いになったら怒る人もいるかも知れないが、

平日扱いが祝日になる分には、あまり文句は出ないだろう。

ちなみに、同じような手帳を使い始めてこれでもう11冊目。

Img_3106

そんな手帳を来年も一年使っていきます。

2018年11月23日 (金)

岡山PC 食事会

昨夜は、三邦プロダクツの岡山パックセンターでの食事会。

ここは、グループの中でもパートさんが一番多い事業所であるが、

岡山には、それほど頻繁に行ってるわけではないので、

社員ですら、ちょっと久しぶりな感じがするのに、

パートさんともなると、中には一年ぶりに顔を見たり、喋る人もいる。

そんなみんなを前に私から一年間の労いと感謝の言葉を述べさせてもらう。

Img_3149

この日は、大阪から私以外にも、常務と課長が来ていたので、

Img_3159

ひとこと喋ってもらい、乾杯!

それぞれ社員やパートさんと一緒になって話をしたり、

みんなでゲーム大会で盛り上がったり、と親睦が図られる。

ある経営者が言っていたことだが、人と仲良くなる方法は、

 1、会話をすること

 2、一緒に食事をすること

 3、一緒に旅行をすること

1番よりも2番、2番よりも3番の方がより効果が高いそうだ。

最後は、いつもの「頑張ろう!」三連発で一旦締めるものの、

Img_3186_2

この後も、津山での宴は続いたのでした。

2018年11月19日 (月)

三色彩道

大阪北部、阪急千里線の終着駅である北千里駅から、

千里北公園へと続く道は、「三色彩道」と呼ばれている。

B0170881_104531271

北千里駅前の交差点からその街路樹の姿は見られ、

Img_3116

坂を上っていくにつれ、黄みや紅みを増した樹々が多くなる。

Img_3111

これらは、「アメリカフウ」、「タイワンフウ」、「トウカエデ」の3種類で、

実は、色ずく並木道として千里ニュータウンの名所となっているのだ。

毎年、「綺麗なぁ!」と思いつつも初めて写真を撮ってみたが、

Img_3120

車で見物に来られた人や、歩道では、落ち葉の上で水彩画を描いたり、

三脚を立てて写真を撮ってる人なども見られる。

Img_3125

とても駅前とは思えない光景ではあるが、

まだまだ、もっと綺麗になる「三色彩道」。

是非、見に行かれては如何でしょうか!?

癒されること間違いなしです。

2018年11月15日 (木)

定年退職

三邦ホールディングスのグループ会社での話ではあるが、

昨夜は、三邦プロダクツにて定年を迎えた社員の送別会。

Img_2946

なかなか定年まで勤めてくれる人が少ない中、

三邦ホールディングスグループ以前では、プラスワンからコムプライムへ転籍し、

そしてグループになってからも、三邦プロダクツへと転籍してもらい、

会社員としての最終日を迎えることとなった。

コムプライム時代の仲間とは既に東京、大阪とで送別会が行われていたものの、

キャリア最後となる三邦プロダクツ大阪の仲間からも花束と、

Img_3040

常務からはグラスセットを、

Img_3035_2

そして、私からはお酒を手渡す。

Img_3021

今まで共に仕事をしてきただけに寂しい思いはある。

しかし、これからは、時間の全てを自分や家族や地域の為に使って、

更に幸せな人生を歩んでいってほしいものだ。

Img_3095

永い間、お疲れ様でした。

2018年11月12日 (月)

紅葉

昨日は紅葉を見に行こうと箕面の山をランニング。

この時期は同じことを思う人が多く、「箕面の滝」近辺には多くの人が訪れる。

その結果、ひと昔前までは渋滞がひどくて問題となっていたが、

その対策として、箕面市では数年前から箕面ドライブウェイを

11月の土曜日と日曜日と祝日に限り一方通行としている。

Img_2905

理由は、自動車でドライブウェイが混雑するのを回避するためと、

駐車場が全然足りなく、路上駐車が増えて通行の妨げになるので、

はなから片側車線を仮設駐車場とするためである。

Img_2898

しかし、この日は紅葉には少し早かったのか、

Img_2901

ところどころ紅く色づいているものの、山を染める程ではなかったが、

それでも、秋を感じる山のなかを走るのは気持ちがいい。

週末、箕面の紅葉を見に行く人は注意して!

2018年11月10日 (土)

パッションアカデミー

昨日は、パッションリーダーズでの「アカデミーセミナー」。

Img_2924

会場は弊社3階会議室で行われ、会員28名が参加。

講師は東京から来てくれた財務コンサルタントの明石氏。

Img_2925

「あなたの会社に資金力をつける!効果的な銀行融資の増やし方」

と題して、資金繰りを失敗させない極意についてお話頂いた。

特に、資金調達に対する考え方を理解すること、

融資制度についての知識を深めること、

自社にふさわしい銀行との付き合い方を理解し、

取引関係を構築できるようになることで会社のビジネスを拡大させる為のものだ。

Img_2926

事業は成功させる自信はあるが、資金力がなくて勝負できない経営者から、

うまくいっている会社が行っている銀行との付き合い方まで、

幅広い層に向けての内容は大変勉強になった。

2018年11月 5日 (月)

誰かのために

昨日は大学三大駅伝の一つ「全日本大学駅伝」が行われ、青山学院大学が優勝。

今年、既に「出雲駅伝」でも優勝しているので、あと「箱根駅伝」で優勝すれば、

2016年度の三冠に続き、史上初となる2度目の三冠となる。

テレビで観戦するたび、いつも感動をもらう「駅伝」。

そんな「駅伝」のルーツは?と調べたところ、

1917年4月に日本で初め開催された「東海道53次駅伝徒歩競争」に始まるそうだ。

「駅伝」の魅力は何といっても、

地域・母校・企業等の名前が刻まれた1本の襷を繋いでゴールを目指すとこだと思う。

この襷には、出場選手だけでなく、サポートメンバーや監督・コーチ、家族や友人、

と言った多くの人の思いが込められている。

選手は、その思いを力に変え、厳しいレースを戦うわけだが、

選手はその思いを、「自分一人のために」ではなく、「誰かのために」

と、目的意識を変えた時に、より大きな力を発揮するのだとか。

仕事でも、「自らの生活のために」、「給料を得るために」と言ったことはあるにせよ、

「お客様の喜びのために」と意識を外に向ければ、より尊い働きとなる。

面識があろうがなかろうが、多くの人の支えの中で生きている社会人として、

「自分を支えてくれてる人の笑顔のために」、と言う思いを力に変え、

今日も一日、精いっぱい頑張ろう。

«Halloween