2018年5月22日 (火)

エントリー状況

マラソンの世界では、早くも今年の秋/冬シーズンに向け、

随時エントリーが行われている。

私は、大きな大会と、抽選ものにはとりあえずエントリー済みで、

今のところ、

2018年8月26日、北海道マラソン(確定)

Img_1597

2018年10月28日、金沢マラソン(抽選)

2018年11月18日、神戸マラソン(抽選)

2018年11月25日、大阪マラソン(抽選)

2018年12月2日、NAHAマラソン(抽選)

これだけ予定している。

まだ申し込みが始まっていないが、これからエントリー予定のものは、

2019年2月19日、京都マラソン(抽選)

2019年3月3日、東京マラソン(抽選)

全部フルマラソンなので、万が一、全部当たったらどうしよう・・・!?

と思いながらも、そんなことはないはずと思い、

「ポチッ!」

当たってほしいような、けど、ハズレてもいいかなと言う気もするが、

いったい、どうなる事やら!?

2018年5月18日 (金)

見分け方

モノゴトには知っていればこそ役立つものがある。

なかでも、見分け方について紹介する。

例えば、自動車のガソリンを入れる給油口。

右側か、左側かを見分ける方法としては、

ガソリンのインジケーターをよく見ればわかる。

Yjimage4

マークの横に給油口の位置が△で示されているのだ。

他には、襟元にタグのないシャツを着る時。

前か後ろかを見分けるには、裏についてる品質表示のタグを見ればわかる。

Yjimage

必ずと言っていいほど左に付いているから。

また、卵について。

生卵かゆで卵かを殻を割らずに見分ける方法としては、

机や台の上で回してみること。

Yjimagekr5nbu8a

よく回ればゆで卵だと一発でわかる。

などなど、ちょっと知ってれば悩む必要もなくなる。

ただ、友人とこの双子を見分けるのは難しい・・・

2018年5月14日 (月)

「念」

「念には念を入れる」とか、「念のため」や、「念を押す」。

或いは、「信念」とか、「念願」と言った言葉に使われる「念」とは、

もともと国語辞典では、

 1 思い、気持ち

 2 心配り、注意

 3 かねての望み

 4 仏語:心の働き、非常に短い時間、瞑想すること

と言った意味になっているようだ。

また、「念」の文字を分解すると、「今」と「心」に分けられるが、

不思議なことに、「今の心にあること」って意味にぴったりと当てはまる。

まさに、今、目の前にあることに心を置く(集中する)こと。

一つ一つのことを丁寧に積み重ねること。

そうすれば、人生は良くなるってことだ。

つまり、後から後悔しないように目の前のことを大事にすること。

人生はただそれだけ!

今日も一つ一つの仕事に「念」を入れていこう。

2018年5月10日 (木)

盛和塾(福岡)

昨日は盛和塾で福岡に行ってきた。

Img_1523

稲盛塾長も86歳となられ体力的にもかなりキツいなか、

世の為、人の為、我々塾生の為に活動してくれている。

ただ流石に、数年前までのように毎月のようにはできず、

今では隔月で、しかも、東京、京都を中心に開催してもらってる。

ゆえに、この貴重な機会を逃さずにはいられない。

と、思い福岡へ行ったのだが・・・

急遽、前日からの体調不良により塾長は欠席されるとのこと。

非常に残念ではあるが、お身体あってのことと思い、塾長不在にて例会は始まる。

Img_1526

この日は、アメリカ、中国、台湾はじめ日本各地より1040名が集まったが、

こんな例会は入塾以来初めての事。

それは開催地区のソウルメイトにとっても同じこと。

朝からスケジュールを変更し、不備の無いように対応して頂き、

お二人の経営体験発表と、発表者への経営問答と言った形で進行された。

このお二人にとっても、異例の対応で大変だったと察するが、

お陰様で、塾長不在でも素晴らしい学びを頂くことが出来た。

最後に、稲盛塾長が一刻も早く回復されることを願います。

2018年5月 7日 (月)

オリジナルナンバープレート

自動車やオートバイにはナンバープレートが必要だ。

中でも、原付と言われるオートバイのナンバープレートには、

ご当地に因んだオリジナルナンバープレートってものがある。

日本全国、全ての地域であるわけではないが、

地域によって様々なデザインがあるようだ。

ちなみに、私が住む箕面市には二種類あって、

箕面市のPRキャラクターを配した「滝ノ道ゆずる」バージョンと、

Img_1462

「滝ともみじ」バージョンがある。

Img_1436

どちらも四角いものでなく、デザインに合わせた変形となり、

そのデザインは、地域性を表したものとなっていて非常に可愛らしい。

けど、このナンバープレートにするには、いったい、いくらかかるのだろうか?

と、調べたところ・・・

なんとタダ(無料)だそうだ。

だったら、変えてみたいな!?って感じだが、

私の場合、その前に原付を買わなければならない (^-^;

2018年5月 4日 (金)

山RUN

昨日は、会社の走れるメンバーと5人で山RUN。

走るのは箕面の山(ドライブウェイ)だ。

山の面白さと大変さを味わってもらうための企画で、

私が時々走っている「勝尾寺」から「箕面の滝」をめぐるコースは、

一周20km弱で、高低差は約300mである。

Img_1438

途中、数か月前に、ドライブウェイを塞ぐほどの崖崩れがあったらしく、

長らく通行止めとなっていたが、今では解除されている。

Img_1443

ただ、その場所は、今でも片側通行となっていて、車は交互交通である。

先ず最初のチェックポイントである「勝尾寺」。

このコースで、もっとも標高の高い場所である。

もうこの時点で、みんなバテバテ状態、まだ1/4だと言うのに・・・

Img_1447

少し休憩をはさみ、第2チェックポイントの「箕面の滝」へと向かう。

着くや、大滝を見つつ、ソフトクリームを食べたり、しばし休憩をとる。

Img_1451_2

ここでは偶然にも、近頃めったに見ることが出来ない箕面のサルとも遭遇。

Img_1460

あとは、ひたすら下り、町まで下りたら残りはほぼ平坦路である。

コース的には短いが、NAHAマラソン対策としていい練習になったのではないかと思う。

もちろん、走った後は、冷えたビールで乾杯!

Img_1463

まさに、至福のひと時である。

2018年5月 1日 (火)

麺や「しき」

ラーメンが大好きな私から、おいしいラーメン店を紹介する。

今回は、大阪市守口市にある、麺や「しき」だ。

お店の屋号を聞いただけだと「麺屋敷」かな?

と思えるが、麺や「しき」である。

行きつけの散髪屋で紹介してもらったお店だが、

場所が守口だし、裏道にあるし、外観は地味なので、

正直見つけにくいお店ではある。

Img_0439

店内はカウンターに、テーブル席が3つとそれほど大きい店ではない。

Img_0442

3種のみのメニューから注文したのは、「しき麺」(700円)。

Img_0441

けど、そのラーメンは絶品。

Img_0443

麺は、「ちぢれ麺」か「ストレート麺」を選べるのだが、

店員さんのお薦めにより「ストレート麺」を選択。

スープは、煮干と醤油がかすかに香るやさしい出汁で非常にあっさりとしている。

もっと近くて便利な場所なら通いたくなること必至。

麺や「しき」の「しき麺」、うまし!

2018年4月28日 (土)

気づき

「気づき」って大切だという話。

「あの時すぐにやっていれば良かった」

と、後になって悔やむことがある。

「いつもとどこか違う」、「何か気になる」

と、いった不自然さに気づいても、大抵はそのままにするだろう。

しかし、事が大事に至ると、やらなかったことを悔やむものだ。

事が大きくならない為にも、普段からの「小さな気づき」を大切にしよう。

なぜなら、大事の前には「気づき」という小さな知らせがあるから。

「気づき」を粗末に扱っていると、次第に感じる力が衰える。

今の時代、身の回りに便利なものが多くあるが、それらに頼りすぎていると、

人間の本来持っている「もの事を敏感に感じる力」も失いかねない。

「気づき」は、自然が与えてくれる瞬時のチャンス。

「ちょうどよい時に知らせてくれた」

と、喜んで、進んでテキパキと処理をしていくことが、

昨日を悔いたり、明日を憂いたりしない秘訣。

気づきを活かし、気づいたら、サッとやろう!

2018年4月25日 (水)

伊丹空港

本日、東京から大阪に帰ってきた時の事。

伊丹空港に到着した飛行機から降りるや、違和感が・・・

何かいつもと違う。

先ず、今までとは違う駐機場に停まったこと。

次に、飛行機からボーディングブリッジを渡ってる時。

Img_1365

そして、建物の外へと出るための導線、及び待合スペース。

Img_1367

あと、預けた荷物を受け取るベルトコンベヤーの場所。

Img_1368

最後に、お土産屋さんが多くある出口付近。

Img_1373

と、何から何まで変わっているのだ。

建物の外では、ちょっと前から、駐車場や通行レーンの改修はしていたが、

建物内部も、これほど変わっているとは驚いた。

それは、本気で行先を間違えたかと思うくらいだ。

今までから比べて、便利になったかどうかはまだ分らないが、とにかく変わっている。

なので、たとえ飛行機を利用しなくても、

時間をとって伊丹空港に行ってみても面白いかもしれない。

そこには、何か新しい発見があるかも知れないから。

2018年4月23日 (月)

第6回 あだち五色桜マラソン

昨日は、パッションリーダーズの仲間たちと第6回あだち五色桜マラソンに出場。

このマラソン大会には、3km、5km、10km、ハーフと4種目があるが、

私は、久々にハーフマラソンにエントリー。

Img_1357

当日は快晴で、朝から気温がどんどん高くなり、昼頃には29℃となる。

Img_1331_2

ハーフマラソンは、12時ジャストにスタート。

Img_1348

コースは荒川河川敷の為、ほぼ影がない。

Img_1345

ところどころ架かっている橋の下に一瞬あるだけでひたすら炎天下を走る。

こんなコンディションなので、ゆっくりとマイペース。

Img_1340

後半、少しバテながらも多くの仲間の応援もあり、力をもらう。

Img_1346

それでも、あまりの暑さにリタイアを余儀なくされた者も多くいた中、

私は、ギリギリ2時間切りの1時間59分19秒(グロス)で完走。

Img_1351

ただ、これでも壮年男子の部としては14位と、まぁまぁ上位!?となる(^-^;

とにかく暑くてキツかったが、マラソンも仲間が多いと楽しいものだ。

2018年4月20日 (金)

本日、給与の振り込みをしていた時のこと。

今年、入社した新卒者の中で埼玉県に住む者がいるのだが、

その者の振込口座を見たところ「蕨支店」となっていた。

しかし、恥ずかしながら読めない・・・

周りにいた人達にも聞いてみたが、誰もわからない。

なんて読むのだろう!?と調べてもらったところ、

「わらび」だと言うことがわかった。

銀行の支店検索画面では、50音ごとに調べることが出来るが、

「あ」から調べていったら、いちばん最後の支店となる。

Img_1278

ちなみに、三菱UFJ銀行の国内店舗数は773店。

ひとつづつ調べてたら、非常に残念な結果となるところだった。

取り合えず「良かった!」と思うと同時に、

地域検索とか、画数検索とかがあればいいのに・・・

と思った次第です。

けど、もっと漢字の勉強をした方が早いかも!?

2018年4月16日 (月)

いろいろな壁

SNSでこんなものを見つけた。

「知る」と「わかる」、「できる」と「している」の違いについて。

Img_1255

このことは、上記の図で表されているのだが実に解りやすい。

乗り越えるべきいろいろな壁。

それは、

知らないものを知るのに「知識の壁」があり、

知ったことをやってみるのに「行動の壁」があり、

やってみたことがわかるのに「気づきの壁」があり、

わかったことでもできるのに「技術の壁」があり、

例えできても、しているとなるのに「習慣の壁」があるってこと。

とにかくやってみないとわからないし、三日坊主じゃ身にならない。

当たり前のことと言えば当たり前だが・・・

このことは、楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方。

って書籍に載っているのだとか。

早速、買って読んでみよう。

2018年4月10日 (火)

春の交通安全運動週間

毎年、春と秋に行われている「交通安全運動」。

Img_1251

今年は、4月6日(金)から4月15日(日)までの10日間である。

全国で定期的に行われているこの「交通安全運動」だが、

いったい、いつ頃から、どうして始まったのかを調べてみたら、

その歴史は意外と古く、昭和23年(1948年)からだそうだ。

また、なぜ春と秋に行うのかについては、

春は、入学したばかりの小学1年生が登下校したり、

子供たちが外で遊ぶ機会が増える時期だからと言うこと。

秋は、日没時間が早まる時期で、歩行者や車に気づけない状況になりやすいから。

なのだとか。

そんな最中、会社の目の前で起きた事故。

Img_1235

多くのパトカーに警察官、救急車、レッカー車が来ていた。

Img_1227

出来ることなら、こんな光景は見たくはない。

なので、車を運転する人も、自転車に乗る人も、歩行者であっても、

悲しい事故を防ぐためにも・・・守ろう交通ルール!

2018年4月 6日 (金)

継続は力なり

新卒生に対して、私からいろいろな話をした中で、

「石の上にも3年」と言う諺にちなんで、

私が思うに、「石の上にも10年」だと言う話をした。

要するに、何事も継続することが大事ってことで、

言い換えれば、「継続は力なり」と言うことだ。

一つのことを継続し、努力し続けることこそが偉大なことを成し遂げる秘訣だ。

それには、3年では短すぎる。

せめて、10年は継続しなければ・・・

人生では、たとえ簡単なことであっても努力し続けなけれならないことがある。

日々の地味な一歩一歩の積み重ね、それを継続することが必要なわけで、

名人・達人と言われる人たちも、皆そういう過程を経ている。

しかし、継続すると言っても、ただ漫然と行っているのでは能がない。

継続するプロセスの中に、創意工夫を常に加えながら、

一生懸命に努力を続けることが大切である。

そのように、一つのことに打ち込み、創意工夫を加えながら継続することが、

平凡な人を非凡(名人・達人)な人に変えるのだ。

2018年4月 2日 (月)

入社式 2018

今日は、新卒第2期生となる新入社員の入社式。

朝9時から始まり、厳かに行われた。

Img_8809

今年も4名の新たな仲間が増えたわけだが、

それなりに厳しい選考を勝ち抜いてきた者たちだけに、期待するところも多い。

私からの話の後、ひとりづつに辞令と社章を手渡す。

Img_8823

役員たちからも一言づつお祝いと励ましのメッセージが送られる。

Img_8843_2

新卒者たちにも社会人としての豊富と意気込みを語ってもらう。

Img_8829

期待と不安の入り混じった状態だろうが、大丈夫。

これから立派な社会人となるべく、共に一歩ずつ前へ進んでいこう。

最後に、みんなで記念撮影。

Img_8849

新たな出会いに感謝。

おめでとう!

2018年3月31日 (土)

お花見RUN

今日は天気もいいので、お花見RUN。

大阪ではすでに満開となった桜の下を走る。

Img_1175

旧本社のある都島は、最寄りの駅名が「桜ノ宮」と言うだけあって桜が多く、

この季節は、非常に綺麗な姿を見せてくれる場所だ。

Img_1173

特に大川の両岸は、長い桜のトンネルと言っても過言ではない。

その中を走り抜け、大阪城へと向かう。

Img_1189

ここもお花見には有名なスポットである。

Img_1194

この日も大変多くの人がお花見に来ていた。

と言うか、あまりにも多すぎて走れないほどである・・・

Img_1198

それでも、満開の桜の下、気持ちよく汗をかくことができた。

こんな景色はあと少しだと思うので、お花見がまだの方はお早めに!

2018年3月27日 (火)

上海康慕商貿社員旅行(後編)

和倉温泉へと向かう途中、「千里浜なぎさドライブウェイ」を走る。

ここは、日本で唯一砂浜を車で走る事ができるドライブウェイだ。

Img_1090

日が沈みそうな海岸にて、

Img_4479

セルフタイマーでこの一瞬をとらえる。

そして、今夜の宿「加賀屋」さんへ。

ここは、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」でも総合部門1位となるなど、

日本一のおもてなしで有名な旅館である。

上海の社員たちにも、その気配り・心配りを感じてもらいたくここを選んだ。

Img_1127

食事のお品書きも、あらかじめ中国語で用意してくれているし、

料理・部屋・温泉・仲居さん・・・どれをとっても、素晴らしい。

帰り際に玄関で集合写真を撮るが、

Img_1145_2

昨日からその横には、日本国旗と中国国旗が掲げられていた。

Img_1147

これが、加賀屋のおもてなしなんだと改めて感心したし、

上海の社員もその真髄を感じてくれたと思う。

上海康慕商貿社員旅行(前編)

決起集会に合わせ行われたのが、グループ会社(上海康慕商貿)の社員旅行。

前期、売上・利益・利益率目標ともに大幅に達成したこともあり、

上海の社員には、日本人の心を知ってもらいたく金沢へと向かう。

名古屋で一泊した一行は、朝から特急しらさぎ号で移動。

Img_1045_2

金沢から宿泊先である和倉温泉まではレンタカーを利用。

途中、昼食へと立ち寄ったのが「近江町市場」。

Img_1052

日曜日のお昼時とあってかどこもかしこも黒山の人だかり。

1時間以上待ってやっと食事にありつけたという状態だった。

次に行ったのが、「兼六園」

Img_1062

日本三名園の一つであり、日本庭園の素晴らしさを感じてもらう。

Img_1065

その足で、「金沢21世紀美術館」へ行き、現代美術にも触れる。

Img_1083

そこからは車での移動となる訳だが・・・

後編に続く。

2018年3月25日 (日)

決起集会 2018

3月24日は、グループ全体での決起集会。

集まったのは、三邦はじめ三邦ホールディングスグループ全5社で、

地域は、上海を含む全国6拠点から、100名を超える社員たち。

毎年、少しずつではあるが社員数が増えているので、

今回も会場を変えたが、移動時間の偏りを減らすため昨年同様名古屋で行った。

その会場は、名駅西口から程近い「TKP ガーデンシティ PREMIUM」

Img_0999

決起集会の構成も、今回は今までとはちょっと変えてみた。

最初は、各社役員から前期の決算報告と今期の方針を発表。

続いて、各社ごとに前期手がけた実績を画像を含め紹介すると共に、

個人発表を行うと言ったスタイルに!

Img_1013

毎年行うグループワークに於いても、実際の課題を即席チームで考える。

Img_1020

いずれにしても、いい時間を共有できたと思う。

そして、集合写真を撮ってビジネスは終了。

Img_1024

懇親会では、第2期新卒生、前期入社社員、上海の社員・・・など、

あまり馴染みのない者たちも、積極的に仲間と交流を持ち、

今、ここでしかできない事をやってれていた。

限りある時間を目いっぱい使い行われたこの決起集会、

最後は、お決まりの「頑張ろう!」三連発。

Img_1036

今期、全グループ会社それぞれに目標を達成するべく皆で声を上げたのでした。

2018年3月20日 (火)

アンビグラム

先日、SNSを通じて、「アンビグラム」ってものを知った。

要するに「逆さ文字」である。

ある文字を上下逆さまにすると異なる読みができるもの。

多くは関連のある意味や、正反対の意味をもつもののようだが、

例えば、この「たぬきそば」と「きつねうどん」。

Img_0810

上下逆さまにして読んでも、

Img_0810_4

「たぬきそば」と「きつねうどん」となる。

或いは、「才能」。

Img_0811

上下逆さまにして読むと、

Img_0811_6

「努力」となる。

こんなことができるなんて・・・アーティスティック!

正に、芸術的である。

世の中には凄いことを考える人がいるんだなぁ!

と感心した。

«新卒説明会 2018