2019年9月16日 (月)

社員旅行 3

最終日、午前中は全員フリーの予定。

私は3時過ぎまで呑んで歌っていたこともあり、

部屋に帰っても、鍵がかかっていて入れずじまい。

結局、違う部屋で仮眠することになってしまった。

それでも、朝7時からのランニングの約束は忘れていない。

が、流石にお酒も残っており、フラフラで厳しい感じではあったが、

とにかく部屋に戻り、着替え、集合地点に行って、相談の結果、

結局、フェニックスリゾート1周コース、約13kmを走ることに・・・

Img_5271

ヘロヘロになりつつも何とか走り終え、部屋でMGCを観戦した後、

チェックアウトして、ロビーでまたまたビールで宴会!

最後の最後まで、とにかく楽しむ一行であった。

Img_5358

昼過ぎ、バスで空港に向かい空路で伊丹空港へ。

Img_5362

この3日間通して、選ばれし幹事たちのお陰もあり、

グループ会社社員同士の絆も深まり、親睦がはかれたと思うし、

怪我や事故もなく、無事に楽しく過ごせて良かった。

3日間、お疲れ様でした!

2019年9月15日 (日)

社員旅行 2

一夜が明け、本日は観光組、ゴルフ組、自由組に分かれての行動。

中には、サーフボードを持ってきて波乗りを楽しむ者も。

私は、ゴルフ組にて「トム・ワトソン ゴルフコース」へ。

Img_5320

8時24分、今にも振り出しそうな空模様の中スタート。

Img_5324

案の定、3ホール目くらいで雨が降り出してくるが、

その雨も4~5ホールのみ、その後は天候も持ち直し、

青空も垣間見れるほどに回復したので良かった。

しかしながら、四方八方林に囲まれたこのコースは難しい。

とにかく、まっすぐ飛ばさなければ、スコアメイクできない。

皆、悪戦苦闘しながら、なんとかラウンドしたって感じだった。

そして、夜は宮崎駅近くにバスで移動しての食事会。

酔っぱらう前に全員で集合写真を撮る。

Img_5331

まるで結婚式の披露宴会場みたいな立派な場所でもって、

美味しいコース料理をいただいたわけだが、想像以上に◎!

途中、幹事たちが考えたクイズ大会で盛り上がったり・・・

Img_5339

テンション下げ止まぬまま、いったん中締めしたものの、

その後も昨夜同様、各々で宮崎の夜を楽しんだのでした。

Img_5351

~続く~

2019年9月14日 (土)

社員旅行 1

13日は午前中で仕事を終わり、午後から宮崎県に社員旅行。

訳あって3年振りとなるが、グループの社員90名弱が参加。

大阪は本社の傍からバスで伊丹空港へと向かう。

空港では、昼食をとりつつ早速ビールを飲んで宴会開始!?

Img_5248_20190917101901

ほろ酔い気分で一路宮崎空港へ、そこからまたバスで宿泊先へと向かう。

泊まるのは、辺一面林に囲まれた「コテージヒムカ」。

Img_5253

着くなり、ランニングチームは着替えて集合。

Img_5258

フェニックスリゾートの外周路(半周)を10km走る。

一方、東京の一行とは僅かな時間差で、現地コテージにて合流。

心配された天候も何とかもち、夜は全員でプールサイドB.B.Q。

Img_5277

半年ぶりに顔を合わす社員たちもいてあちこちで談笑。

Img_5282

非常にいい雰囲気に時が経つのも忘れるほどだった。

その後は各自、街へ繰り出す者、部屋に集まり飲み明かす者・・・

Img_5297

様々な夜を楽しんだようだ。

~続く~

2019年9月10日 (火)

努力とは

「努力」とは、目標の実現のために頑張る事である。

決して、「食べないこと」や、「眠らないこと」など我慢することではない。

とは言え、「努力」=「苦しい」とか「キツイ」ってイメージもある。

けど、これって社会の洗脳であって、本来は自己成長を伴う楽しいものなのだ。

ある人の言葉に、

「圧倒的な努力なくして、高い目標にはたどり着けない」

なんてのがあるが、

出来ないことを、ただ練習するのでは、キツイだけかもしれないし、

それを何度も繰り返していると、嫌になってくるかもしれない。

けど、「もし出来るようになったら!」って思いながら努力すれば、

ちょっとづつの成長も嬉しく感じられるのでないだろうか!?

例えば、元プロ野球選手の松井秀喜やイチローも「天才」って言われてるが、

実際は、才能以上に努力して高いパフォーマンスを出していたそうだ。

だから、元からの超人ではなく、努力によって超人になったのだとすれば、

我々も、努力次第で理想の自分に近づくことができるかも知れない!?

72065f8e983d937827322413f7f4994a

簡単に手に入ったものより、努力して手に入れたものの方が有難いし、

更には、なりたい自分に近づいていくイメージが持てれば、

努力もまた楽しいものになるだろう。

2019年9月 5日 (木)

日本語

海外に行って思う、日本語ってとても難しい話・・・

我々、日本人は当たり前のように使っているものの、

漢字に、ひらがなに、カタカナがあり、

横書きのみならず、縦書きにもできる。

更に、漢字に関して言えば、音読みと訓読みまであり、

イントネーションや方言なども含めると限りがない。

こんな複雑な言語は、他にはないのではないだろうか!?

そんな難しい言語を操る日本人ではあるが、

外国語の習熟率は世界的に見てもかなり低い。

何故なのだろうか?

それは、これまでの日本の教育に根本的な問題があると思う。

もっと幼少期から英語なり中国語なり、外国語に慣れるべきなのに、

あまりにも外国語に触れる機会が少ない。

今となっては、スマホの翻訳アプリで通訳してくれるものの・・・

お隣の韓国では、韓国語、英語、中国語を話せる人が多いし、

日本語を喋れる上海の社員に会うと、ホントに凄いと思う。

もし、自分自身が外国語を自由自在に操れれば、

住む世界や、見る世界が変わってたかも!?とも思う。

2019年9月 3日 (火)

上海新OFFICE

今週初めからグループ会社のある上海へ出張。

約3か月振りに来たわけだが、実はその間に事務所を移転。

今までと同じビル内ではあるが、1階から7階へと引っ越したのだ。

もちろん、ただ場所が変わっただけではない。

今までが狭すぎたこともあったが、広さは約3倍となり、

やっと事務所らしくなった!?

その姿を初めて見たのだが・・・

Img_5148

エントランスは、日本のものを踏襲しているデザインだ。

Img_5186

一応、会議室もあるし、

Img_5139

狭いながらも倉庫スペースもある。

Img_5145

ちょっとした打ち合わせのスペースもあるし、

Img_5146

以前に比べたら格段に良くなった。

それに、社員も2名増えてちょっと賑やかに。

今期は、前期に比べて新規顧客も増え、業績の方も上向いているので、

今後が、何かと楽しみである。

2019年8月28日 (水)

車の下回り

今朝のこと、時に激しく雨が降る中、交通事故の現場に出くわした。

いつもなら、スイスイと走れる時間帯であるにも関わらず、

思わぬところで渋滞が・・・

Img_5004

現場では、追い越し車線に1台の軽トラックが横転しており、

3車線ある一番左側の走行車線にも停車している普通車が一台。

恐らく、この2台による接触事故なのだろう。

ただ、車の横には警察官と共に運転手らしき人が立っているので、

幸いにして、大した怪我も無さそうだ。

Img_5006_20190820183701

しかし、ホンダの軽トラックの底面ってこうなっているんですね。

エンジンはミッドシップに搭載されているし、

スペアタイアやガソリンタンクは、中央にレイアウトされている。

他のメーカーとは明らかに違うのがよく解る。

こんな事でもなければなかなか見ることができない車の下回り。

珍しいものを見せてもらったのはいいのだが、

くれぐれも事故は起こさないよう気をつけましょう!

2019年8月26日 (月)

北海道 2

去年に引き続き2度目の参加となる「北海道マラソン」。

朝8時過ぎには集合地点の大通公園に行く。

朝から曇りの天気予報に反し、小雨時々雨が降る中、

応援のため多くのパッションリーダーズの仲間が集まってくれた。

そして、予定通り9時にスタート。

Img_5056

ここから始まる42,195km、気温は18℃である。

去年と同じコースではあるが、コンディションが全然違う・・・

小雨→雨→曇り→雨→曇り→晴れと目間ぐるしく変わる。

途中エイドでは、バナナやスイカなどを食べ、

Img_5077

応援団が待つ32km地点へ、

Cache_messagep136130

少し体調が悪かったせいもあり、すでに脚が痛かったが、

ここで栄養ドリンクと元気をもらい、残り10kmを走る。

札幌市内に入り北海道大学の中を抜け、

Img_5079

制限時間ギリギリだが無事!?に完走することができた。

Img_5080

最後に、完走者と応援団含めて仲間と記念撮影。

Img_5094_20190826200701

皆さんのおかげで、楽しい2日間でした!

2019年8月24日 (土)

北海道 1

今日から北海道!

明日行われる「北海道マラソン」のために来たわけだが、

今日は、パッションリーダーズ(札幌)のメンバーとゴルフ。

Img_5102

マラソンの前日にゴルフなんて・・・

と思われるかも知れないが、せっかくなのでセットで参加。

朝一から飛行機にて移動、そのまま「滝のカントリークラブ」へ。

8月とは言え、札幌の最高気温は22度と涼しい。 

そんな中、北海道らしい広大なゴルフ場で1日楽しんだが、

実は、カートが無く18ホール歩きでのラウンド。

Img_5039

コースは、けっこう高低差があり、明日に影響するのでは!?

というくらい疲れてしまった。

しかし、結果はダブルぺり方式だったので、なんと準優勝。

Img_5044_20190826194601

運を味方に付け、いい結果となり、明日に繋がるような気も・・・

夜は夜で、皆と札幌市内のお店で美味いジンギスカンを満喫。

早め!?に宿に戻り、明日へと備える。

~続く~

2019年8月23日 (金)

雇用の未来

英国オックスフォード大学のオズボーン教授による論文「雇用の未来」。

これから先10年~20年後無くなる仕事について!って記事を読んだ。

Ecfutureofemploymentway

それには、電話マーケティング、スポーツの審判、モデル、カフェ店員、

の他、事務員やネイリスト・・・等は、90%以上の確率で無くなっていると。

逆に、教員、医師、看護師、グラフィックデザイナー・・・等は、

生き残る確率が90%以上だと言う。

要するに、無くなるであろう仕事は、機械(コンピューター・AI・ロボット)

によって置き換えられる可能性が高い仕事であり、

人間社会の根底にある命に係わる仕事や、教育に係わる仕事は、

なかなかロボット化できないと言うことでもある。

このような「技術革新」によって仕事の価値が下がっていくものの他に、

「供給過多」や「消費者の行動の変化」などによる原因があげられるが、

我々の販売促進に係わる仕事は、なかなか機械には置き換えられにくく、

まだまだ先がある仕事ではないかと思われる・・・!?

ただ、リストを見れば将来性のない身近な仕事が多いのに驚かされる。

あなたの仕事は大丈夫でしょうか!?

2019年8月19日 (月)

中華そば 「さとう」

ラーメン大好きな私から、おいしいラーメン店を紹介する。

今回は、羽田空港の近く穴守稲荷にある中華そば「さとう」だ。

Img_4930

ここは、社員の親戚がやっている美味しいお店と聞いていたので、

以前からずっと気になっていたが、ようやく行くことができた。

行ったのが平日のお昼時を過ぎてた為か、お客さんは私以外に3名。

Img_4934

メニューは、「カレーライス」と「中華そば」のみで、

のせもの以外は、量的に「中」「大」「特」と選べるだけである。

Img_4931

そして、注文と同時にお会計を済ませる。

Img_4936

先ずは、透き通った黄金色のスープを一口含むなり、

あっさりとした煮干しの旨さが口の中にパッと広がる。

麺は、丸山製麺製のちょっとちぢれた中細麺で適度な硬さ加減である。

プラス、柔らかい焼き豚に、味がしみ込んだメンマも実に美味しい。

シンプル、さっぱり、あっさりがお好みのあなたにお勧め!

一見、地味な外観ではあるが、想像以上の味で満足度半端ない。

穴守稲荷の中華そば「さとう」、うまし!

2019年8月14日 (水)

太陽の塔

2025年、大阪に万博が誘致されることが決まり、

1970年以来、実に55年ぶりの開催となることになった。

私はまだ小さかったので記憶に残ってる部分は僅かだが、

今でもその面影として万博公園には「太陽の塔」がある。

Img_3619

あの頃と何も変わっていない特徴的なその姿は、

当時の大阪万博の象徴として未だに色褪せない。

正面だけでなく、うしろ姿や、

Img_8294

ライトアップされた姿など、

Img_4916

角度や時によってその表情を変え、見る者を楽しませてくれる。

作者はご存じの通り岡本太郎氏であるが、

「芸術は爆発だ!」で有名な日本が誇る天才芸術家である。

死してなお、その存在感を強め、今なお多くの人に影響を与える続けている。

「太陽の塔」もその作品の一つであることは間違いない。

我々も何か一つでも後世に残せるモノを創りたいものだ。

2019年8月 9日 (金)

お盆休み

いよいよ明日から「お盆休み」がスタート!

会社や団体によって、休む日はまちまちだろうが、

弊社では15日と16日を独自のお盆休みとしている。

Img_4990

従って、10日~13日まで暦通りの3連休と、

15日~18日までの4連休とさせて頂きます。

ただ、お客様や協力会社様も多く休まれていることから、

13日と14日は有給休暇取得奨励日としており、

こうした場合は、9連休となりGWに次ぐ大型連休となる。

一部の方にはご迷惑をおかけするかもしれませんが、

何卒、ご容赦頂きたくお願い致します。

また、何日も続く体温と同じくらいの厳しい暑さと、

この間、大型台風が日本列島を通過するかもしれないので、

くれぐれも気を付けてお過ごしください。

2019年8月 6日 (火)

「Present」

英語で「Present」と言うと、ほとんどの日本人は、

「贈り物」と捉える人が多いのではないだろうか!?

Present

しかし、英語で「Present」は、「現在」って言うニュアンスなのだそうだ!

けど、なんでまた「贈り物」と「現在」が同じ言葉になったのだろうか?

それは、元々、ラテン語からくる語源「Praeesse」には、

「贈り物をする」「近くにいる」と言った2つの意味があるようで、

西洋人の感覚では、似通ったイメージだったんだろう。

ただ、「現在」は日本人的には「Now」じゃないかと思うところである。

でも、「Now」は「今」であって「現在」は「Present」・・・!?

なんか難しい!

因みに、アメリカのルーズベルト元大統領夫人(エレノア・ルーズベルト)

がこのような言葉を残している。

 Yesterday is history.

 Tomorrow is a mystery.

 Today is a gift.

 That's why it  is called the present.

今日を生きていること自体が贈り物ってこと。

今日がプレゼントされたものだと考えると嬉しくもなる。

そんな贈り物に感謝して大事に過ごしていきたいものだ。

2019年8月 2日 (金)

夏バテ防止策

連日30度を超える暑い日が続いているが、

皆さん、体調は大丈夫でしょうか?

中には、夏バテして体調を崩している人もいるのでは?

1706k_natubate_fix

昨年にも同じような内容は書いているが、

そうならない為にも、改めて夏バテの防止策をここで紹介します。

1、室内と室外の温度差を少なくすること。

  要は、体温調節機能が低下しないようにすること。

  室内の冷やしすぎは夏バテの最大の原因!

2、疲労を回復する為に睡眠時間を確保すること。

3、汗により失われた水分・ミネラルを補給すること。

  但し、水分補給方法には気を付けること。

  あまり冷たい水分を摂りすぎないように!

5、食事は旬のものを積極的に取り入れること。

  例えば、夏野菜を食べると体を上手く冷やしてくれます。

と、ちょっと気を付ければいいことばかり。

これらで、まだまだ続く夏を乗きろう!

2019年7月30日 (火)

ローマ字表記

新入社員を迎え入れるときなど、

社員証や名刺などで、名前を表記する際、

漢字のみならず、ローマ字で表記することがある場合に、

どう表記していいか迷うときがある。

Img__20190803172901

一般的に使われているローマ字はヘボン式なので、

さ(sa)し(shi)す(su)せ(se)そ(so)の「し」や、

た(ta)ち(chi)つ(tu)て(te)と(to)の「ち」などは、

他の文字とは違った表記をするものがあるし、

しゃ(sha)しゅ(shu)しょ(sho)や、

ぎゃ(gya)ぎゅ(gyu)ぎょ(gyo)なんてのは、

同じように子音がつくにも関わらず「h」と「y」で区別される。

このように非常にややこしいわけだ。

例えば、「新庄 剛志」の場合、平仮名で表せば「しんじょうつよし」だが、

ローマ字にする際は、「SINJYOU TUYOSI」や「SHINJYOU TSUYOSHI」

とも表記できるが、実際には、「SHINJYO TSUYOSHI」と表記する。

いったい「う」はどこにいってしまったのだろうか!?

などなど、こんなことで悩んでいるのは私だけだろうか!?

2019年7月26日 (金)

差別化

世の中には同じような製品・商品がたくさんあるが、

他社のものと同じように売っていては思うようにはいかない。

そこで、差別化というものが必要になってくるわけだが、

差別化には「結合する」か「削除する」かの2つのパターンがある。

「結合する」とは、何かと何かを足して質を高めること。

例えば、腕時計に距離計や速度計や高度計等の機能を付けて、

Esports_9567523091476

ランニング用や登山用として新しいものを作りだすと言ったこと。

また、「削除する」とは、ストライダーという子供用自転車のように、

ブレーキや、ペダル、泥はね等をとったもののことを言う。

51xk3rzxwxl__sx679_

つまり、自転車が本来持っている機能を引いたものである。

一昔前は、子供が自転車に乗れるようになるためには、

補助輪を付けて練習したものだが、全く発想が逆である。

ただ、これが意外なことに、高額にもかかわらず売れているそうだ。

このように、同じような自転車を売るにしても、

足したり、引いたりして質を高めていく。

そんな工夫で差別化をしてみよう。

2019年7月22日 (月)

選挙

昨日、参議院議員選挙の投票が行われた。

私も、地元の投票所にて、

Img_4890

清き1票を投票してきた。

Img_4887

箕面市では、投票者に「ゆずるの投票済証」が配られていた。

Img_4889

もう結果は出ていて、報道の通りであるが、

私が思うに、最近の投票率の低さが気になる。

今回の参院選では48.8%って・・・

半数以上の有権者が権利を放棄してることになる。

けど、そんな状況で決まった結果により国は運営されている。

結果についてどうこう言うつもりはないが、

日本国民である以上、もっと政治にも関心をもってもらいたい。

特に、若い世代の人には。

年配の人たちの意思のみならず、次代を担う人たちの意思を含めてこそ、

これからの日本の将来を創るのだから。

2019年7月19日 (金)

ドクターイエロー

盛和塾(世界大会)からの帰路にて、

新横浜駅で「ドクターイエロー」と遭遇。

Img_4851

今までで出逢ったのは、これで2回目である。

この「ドクターイエロー」、いつ、どこを走っているのか、

時刻表には載っていないので、出逢うことはめったにない。

だからこそ、出逢ったときは、「ラッキー!」

と思えるのかも知れない。

そもそもこの車両は、「新幹線のお医者さん」と呼ばれ、

線路や架線の保守のため、おおよそ10日に一度、

東京駅と博多駅の間を往復しながら、

実際の運航速度で走行して状態を調べる計測車である。

私自身、移動には飛行機を利用することが多いので、

あまり新幹線に乗ることはないが、

また、是非にでも出逢って見たいものだ。

2019年7月17日 (水)

盛和塾(世界大会)

盛和塾の世界大会に参加するため、横浜へ。

Img_4821

今回で27回目を数える盛和塾(世界大会)には、

全世界から4791名もの塾生が集まった。

その中には、694名もの海外塾生も含まれている。

Img_4830

1983年に京都の若手経営者の要請で始まったこの盛和塾、

日本のみならず世界各国へと広がり、今や塾の数は102塾、

15000名を超える塾生たちが経営哲学を学び、

業績を向上させ、従業員の幸せを実現しようと努めている。

そんな盛和塾も、今年末をもって解散されることとなった。

しかし、残念ながら今回の世界大会に塾長のお姿はなかったが、

Img_4847

最後に塾長からのメッセージをいただき、感極まった。

稲盛塾長には、本当に感謝しかない。

そして、この学びを今後に必ずや活かしていきたい。

«本社改装(おまけ)